イメージトレーニング | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2014年 11月 6日 イメージトレーニング

こんにちは!

 

3回目の担当になりました、東大文三2年の須田です!

 

11月に入りましたね。

日に日に寒さも増してきています。

 

今回私がお話ししたいのは

「あがり」への対処法についてです。

 

10月に高本先生が同じテーマで書いてくれましたが、

私は自分でも実践していた「イメージトレーニング」をご紹介します!

 

私はとにかく本番に弱い人間でした。

特に時間制限の厳しいセンター試験では、模試の時でもパニックに陥りそうになったことが何度もあります。

 

これではマズイ!と思って取り入れたのが「イメージトレーニング」でした。

試験が始まる前、

開始の合図があったらまず何をするのか?

(数学Ⅰ/Aでは数学Ⅰを慌てて解いてしまわないように、確率の問題をチェックしそこからさかのぼるようにしよう。)

どの順番で解くのか?

(漢文は得意だから最初に解く。次に古文を解いて、得意な評論は最後にして小説に時間をかけよう。)

何分経ったらあきらめて次の問題に行くのか?

(図形の最後の空欄は12分であきらめて次に行く。二次関数は必ず完答する!)

というように、細かいところまで「イメージ」をしていました。

 

大切なのは「こうしよう」と思うだけではなく、「頭の中で具体的にイメージする」こと!

野球で、バッターがピッチャーの球筋をイメージするのと同じです。

「ストレートだったらこう打とう」と考えるだけで終わる人はいませんよね。

 

このようにイメージをしておくことで、私は試験中落ち着いて、問題に集中できたと思います。

 

前に読んだ本によると、

「イメージトレーニング」は「あがり」の対処法としては最も効果があるそうです。

逆に最も効果がないのは「ごまかすこと」だとか。

 

残りの模試も少なくなってきていると思いますが、

一回一回本番のつもりで取り組み

自分に合った「あがり」対処法を見つけてくださいね!

 

 

新宿校担任助手 須田