センター二日前(中川) | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2016年 1月 14日 センター二日前(中川)

皆さんこんにちは。本科担任助手一年の中川浩輔です。

センター試験がもう二日後ということで、今回は昨年の自分の体験談について話したいと思います。

 

僕はこの時期、二次試験の勉強は全くせず、センター対策にすべての時間を費やしていました。

 特に不安だった日本史の戦後史と理科基礎、数学ⅡBに半分以上の時間を割いていたように思います。

 

 そんな中、今でも忘れない印象的な出来事が起こりました。

 

あれはセンター前日の午後でした。

いつも通り12階の自習室で勉強していると、同じ東大文系クラスの友人から、「数ⅡBを時間計って一緒に解こう」と誘われたのです。

一人でやるよりも緊張感があっていいな、と思い誘いに乗ったのですが、

 

結果は散々。

 

友人が時間を余らせて満点近く取ったのに対し、僕は解き切れず8割にも届かないような点数でした。

その後のことはよく覚えていませんが、顔色が悪かったらしく、社員さんや担任助手、友人や家族など色々な人に心配されました。

 

ここまでお読みいただいて、「なんだこのしょうもないエピソードは」と思った人がほとんどだと思います。

 僕も書いていてあまりの馬鹿らしさに恥ずかしくなりました(笑)

 しかし、自分を正当化するわけではありませんが、皆さんが今抱えている悩みや不安は、このように後で笑い話になるようなものばかりだと思います。

 たとえ直前の演習の得点が低くても、友人が出した問題にほとんど答えられなくても、

 

 こんな直前になって突然実力が下がったり、逆に急にできるようになることはありません。

 

 科目ごとに見れば多少上下にブレることもあるでしょうが、

 

 全体では収まるところに収まります。

 

 このことを頭の片隅に置いて、わざわざ自分から焦りを助長するようなことがないよう、気をつけてほしいなと思います。

 週末まで寒いみたいですが、体調管理をしっかりして万全な状態で本番に臨んでください。

 皆さんの納得いく結果が出るよう、心から応援しています。

 中川浩輔