センター試験体験談 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2015年 1月 11日 センター試験体験談

こんにちは、新宿校担任助手の庄司竜太郎です。

いよいよ今週からセンター試験が始まります。心境はそれぞれ異なるかと思いますが、引き続き勉強に励んでください。

毎日妥協せず頑張ることができれば自信がつきます。自信がつけば、試験本番で自分の解答に迷いがなくなります。

僕が浪人してた頃のセンター試験での苦い思い出を一つ話します。それは日本史を解いているときの出来事です。

問題を全て解き終え残り時間を確認したところ、まだ終了時刻までは少し時間がありました。そこで僕はマークミスが無いかの確認もかねて問題をはじめから一つずつまた振り返ってみました。

その中で、これは間違ってるかもしれないと疑念を抱いた問題が一つありました。時間はまだあったのでその問題を改めて考え直しました。選択肢を二つに絞れたのですが、そこからすごく迷いました。はじめにマークした方が正解であるはずという思いと、いやこんな内容がテキストに書いてあったかなという思いがぶつかりあって、五分くらい考えていました。

最終的に僕は解答をかえました。考えていく中で最初にマークした解答に自信が持てませんでした。結果は不正解でした。少し後悔しました

似たような体験はみなさんもあると思います。これが仮に国語の試験だった場合、一つの問題にかけられる時間は少ないし、かといって自信が持てないまま放置しておくと、その日ずっと落ち着かなくなります。

自分に自信を持つことは試験本番においてとても重要だと思います。自信がある人とない人では解答のスピードも違ってくると思います。

では自分に自信が持てるようになるためにどうすればよいか。それはやはり毎日の積み重ねです。本科生であれば相当な量を積み重ねているはずです自信をもってセンター試験に臨んでください

本科生のパワーを見せつけてやりましょう!