一回で終わらしてはいけない! | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2015年 2月 6日 一回で終わらしてはいけない!

こんにちは、担任助手の庄司竜太郎です。

今回は僕が浪人していたときにやっていた勉強法について書きます。

 

この時期過去問演習に励んでいる人が多いと思いますが、その中でおそらく多くの人が英語長文を速く読めるようになるにはどうしたらいいか悩んでいると思います。

 

僕が思うにその解決法は同じ文章を何度も繰り返し読むことです。

過去問を解いて復習する。ここまではみなさんやっていると思いますが、一度解いた過去問をもう一度解くことはせずに放置している人が多いと思います。解ける問題ならばそれでいいのですが、皆さんが目指すような難関大学の過去問でいきなり合格点を取れる人は少ないと思います。

 

同じ問題なんだからもう一度やれば解けるにきまってるじゃんと感じる方もいるでしょう。確かにちゃんと復習していれば次の日、または二日経っても解けます。しかし一週間、または一カ月経過した後解けますかね?

 

どんなに念入りに復習しても(例えば英語長文を一文ずつ構文解析し、答えの訳と照らし合わせる)、時間が経てば忘れます。時間をかけて英語長文を復習して、それで読めた気になって、その長文にはもう触れないという人が多いのではないでしょうか?

かといって復習のたびに長文を一文ずつ構文解析し、答えの訳と照らし合わせるのはかなり時間がかかります。それならば復習はなるべく時間をかけずに最小限に済ませ同じ英文を何度も繰り返し読むほうが実践的で効果は高いです。復習は本当に分からなかった箇所のみやり、あとはただひたすら反復します。復習はもちろん大事ですが、復習をして勉強した気になっている人が多いです。

 

「分かる」と「できる」は違います。多くの人は復習して「分かる」状態になっていますが、「できる」状態にまでは至っていません。それなのに多くの人は「分かる」と「できる」が同じことだと勘違いしています。「できる」というのは速く正確に、です。一回復習しただけで同じ文章を速く正確に読めますか?

 

何度も繰り返し読むことによりそこで得た知識が自分のものになります。つまり定着します。これが大事です。

この勉強を続けた僕は本番英語で時間が足りないということはありませんでした。

 

ぜひ実践してみてください。この勉強法は国語においても効果的です。