三枝の受験期~第2章~ | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2015年 2月 11日 三枝の受験期~第2章~

みなさんこんにちは!早稲田大学文学部西洋史コース、担任助手の三枝です!

入試がもうどんどん始まっていますね!!そして今週から我が早稲田大学の入試が始まりますね!!

連日三枝も朝新宿校の生徒を激励しに早稲田大学までいくので「あれブログの三枝じゃね?」って人がいたらぜひ声をかけてください!キットカットあげます。

 

さてさて、この前の受験期(1月27日のブログ参照!)に続き三枝の浪人時代の受験期について語りたいと思います。

トイレ号泣事件から見事立ち直り、上智大学に落ち着いて臨み(もちろん合格!)勢いを取り戻し早稲田大学の試験に突入しました。

そして第一志望が終わったとき、脚色なしで本気でこう思いました。

 

「もう全部やりつくした。文句なし。受かってても落ちててもどっちでもいいやー」

 

そう、本当にこの感覚が訪れたのです。

「それはおまえが受かったからじゃねーか」と言われそうですが、そんなことはありません。

もしもすべての大学に落ちたとしてもおそらく現役のときみたいに泣いて悔しがったりすることはなかったでしょう。なぜか?

 

「やれることはもうすべてやりつくしたから」

 

にほかなりません。たとえ2浪してももうやることない。これ以上「受験勉強」を続けてもやることない。と自分のなかですべてをやりきったからです。全部をやりきったのにダメならもうそれはしょうがない。そんな気持ちが芽生えました。

担任助手になって、現役生も浪人生も一番最初に面談するときには必ず生徒に対していいます。

「すべてをやりきりれ!もうやることがなくなるほどに。そうすれば結果がついてこないわけがない!」

 

これから受験を控えてるみなさん、今残っていてやるべきことはなんでしょう?それらを残りの日数ですべて終わらせ、一切後悔のないよう今年の受験を締めくくってください!そういった意味であえてこの言葉を言います。

 

 

終わりよければすべてよし!!

 

 

皆さんの健闘を祈ります!(^^)/~~

 

————————————————————————————————————–

2月9日から入学受付開始!

新宿校大学受験本科の資料請求はコチラから!

 

東進ハイスクール新宿校舎大学受験本科

TEL : 0120-104-020

—————————————————————————————————————