三枝流・受験の心得その③~試験の後編~ | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2016年 2月 8日 三枝流・受験の心得その③~試験の後編~

みなさんこんにちは!!

早稲田大学文学部西洋史コースの三枝です!!

この肩書きももうすぐ終わりです。三枝は4年でもう卒業論文を提出したので、あと2か月で大学生活も終わりです。

 

さてさて、そんなことはさておいて、もう入試がどんどん始まってきていますね!!上智大の入試ももう終わり、今週末からはいよいよ早慶の始まりですね!

わくわくしてますか?どきどきしてますか?はらはらしてますか?びくびくしてますか?

どんな気持ちでも、実力が変わるわけありません。

だったら、プラス思考でいましょうよ!!!

 

ということで、今回はシリーズ第三弾、受験後の心得について話します!

 

 

①解答速報は受け取るな!!

→ 明青立法中、早慶上智をはじめとする大学では、小さな予備校が何を目的にしているのか、解答速報を出口で配っていますが、絶対にもらわないでください! 

理由の一つ目として、間違いが多すぎる!ハッキリいって酷いです。明らかに違った選択肢が答えになっているなど、これなら俺が作った方がましだろ!と受験生のときは思ったものです。特に早稲田・上智。 

これが一番の理由ですが、二つ目として、不安になるような講評が書いてあります。 難易度的には例年通りなのに、易化した!とか、明らかに難しかったのに「例年通りで、平均点は高くなると思われる」などと書いてあり、あんなデタラメな解答でよくいえるなという感じですが、受験生としては不安になるので絶対にもらわないでください。 

いたるところにいて、しつこいですが無視しましょう。また、周りの受験生がそれを持ってはしゃいでいますが、横でせせら笑ってましょう。

 

 

②答え合わせ・自己採点はするな!

 私大・国立2次は答えあわせ、自己採点をしないこと!解答速報を受け取ってはいけない理由の三つ目です。

ネットにもでていますが、絶対にやらないこと。特に次に試験を控えているのにやる意味が僕には理解不能です。

 

良くても悪くてもいいことはありません。悪ければ当然落ち込むだろうし、良ければ「このくらいで受かるかな・・?」と不安になったり「いいや、○○大受かってるし」と傲慢になります。それで落ちたらどうするんですか?

 

 問題冊子は家の取り出しにくい場所に封印しておきましょう。(英語科の安河内先生は、帰り道に捨ててこい!というほどです。) 

お楽しみとして受験が終わって、合格した後にやってみてください。

(三枝はそれである学部の現代文と、ある学部の英語の長文が満点でした♥ こりゃ受かるわ。ハハハという3月の楽しみですね。)

 

以上2項目を紹介しました。

どちらも共通して言えることは、

「とにかく終わったことは忘れて、次に進むしかない!」

ということです。

自己採点して念力で、得点を変更できるならやってもいいです。

希望と願いと運では点数は変更できません。

 

残り1か月となりました。たった1か月です。

最後の最後まで頑張っていきましょう!

応援しています(^ω^)/~~

 

三枝