予習について | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2018年 5月 26日 予習について

こんにちは!東京工業大学3年の後岡です!

 

今回は、予習について話そうと思います。

 

 

 

勉強のサイクルとして、

 

予習→授業→復習

 

というものがあります。

授業の内容をまずは自分で勉強して、授業を受けて、その内容を復習する。

一見、簡単にこなせるだろうと思う人もでしょうが、このサイクルを何の考えもなしに取り組むのは、時間の無駄かもしれません。

 

授業を、100%以上のものにするには、予習の段階でやらなければならないことがあります。それは

 

 

 

わからないところを明確にする!

 

 

 

ということです。予習のときに、わかる問題は理解度を深めてください。そしてわからない問題があったら、なぜわからないかをとことん追求してください。これが予習の真髄です。

わからない問題を見つけて気落ちせず、むしろ喜びましょう。それを授業で解決し、復習して自分のものにしていくのです。

 

ヒトの脳は、思い出す回数が多いほど、記憶に定着しやすいと言われています。予習の段階でわからない部分を特に記憶し、授業で、復習で、思い出し、定着させましょう。

 

 

 

復習については、55日の下崎さんのブログにて詳しく書かれているので、ぜひ見てください。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

それではまた次回。