今後の心構え(高本) | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2015年 1月 30日 今後の心構え(高本)

こんにちは^o^
担任助手の高本です!


センター試験が終わってから約二週間が経ちましたが、

勉強のスタイルはどのような感じでしょうか?

私立大受験型の生徒にはもう試験が始まってる人もいるでしょう。
国立大受験型の生徒も試験本番まであと一ヶ月もありません。

当然のことですが、

どちらにせよ本番まで残された時間はもうそんな多くはありません。

残された時間が少ないことに気づき、まだまだやるべきことがたくさんあって焦りを覚える生徒もいるかと思います。

受験当日までにやりたいことが全部終わらない。。。

なにを強化したらいいのか。。。
と、いろいろと悩んでしまって勉強が手につかない、

と思う生徒もいるんじゃないでしょうか?

しかし、そんなことはお構いなしに試験は刻一刻と全ての受験生に等しく迫ってきます。
焦っているのは自分だけでないということを忘れないでください。

みんな不安を感じていて、

必ずしも最高のコンディションで受験できるとは限りません。
不安になった時には、

今まで自分が積み重ねてきた努力を思い出してください。
どんなときも冷静でいることが一番の強みになります。

みんなが勉強していることは学問です。

学問とは突き詰めればどこまでも突き詰められるものです。
だからやりきった、という状況は本来ならあり得ないのです。

学者や研究者は一生をかけて自分の研究分野を突き詰めます。

冷静になってみれば、

受験勉強での一年か二年の間で

その学問を極められるというのはありえない話なのです。
しかし、こんなことを言っておいて矛盾ですが、

試験本番前では

自分はやりきった!万策尽くした!

という心構えが大切です。

試験というのはもちろんですが、

自分のいままでの努力を全力で提示してくる場です。

心構えが全力でなければ、自分の実力を全開に出すことはできません。

なにもそんなに焦ったり嘆くことはないのです。

練習は本番のように   本番は練習のように

この姿勢こそがこの時期において大切なことだと思います。

受験生活も残りわずかです。
悔いのないように最後まで気を抜かず全力で頑張りましょう!!!

担任助手 高本 湧生