体調管理の重要性 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2018年 5月 4日 体調管理の重要性

こんにちは。東京大学文科二類1年の海谷昂平です。もう1ヶ月が経ってしまいましたね。残り9か月気合を入れて頑張っていきましょう!

 

 

さて、今回は「体調管理」について書いていこうと思います。皆さん、朝早くから夜遅くまで勉強することが合格への近道だと思っていないでしょうか?現役生は時間との勝負なので、現役生にとっては重要なことかもしれません。しかし、浪人生にとっては違うと思います。浪人生にとって重要なのは、毎日勉強を続けることです。毎日勉強することは簡単なことのように聞こえますが、実際はそうではありません。模試の結果で一喜一憂をしたり、同じような日々の繰り返しで精神的に追い込まれることがあります。

 

 

そこで、大事なのが体調管理です。私が実践していた体調管理の方法をいくつか紹介しようと思います。

 

 

第一に、睡眠を十分にとることです。

睡眠を十分にとることで、次の日の勉強のクオリティをあげることができます。私は、夜の10時には寝て、朝の6時には起きるようにしていました。夜遅くまで勉強して次の日の朝起きられないということは身もふたもないことなので、自分が何時間寝れば大丈夫なのかしっかり把握するようにしましょう!

 

 

第二に、息抜きの時間をもうけることです。

そうすることで、毎日単調な日々が続くことに対するストレスを軽減することができます。私は、昼休みの時間に友達と話をしたり、家に帰ってからはメリハリをつけて勉強しないと決めて趣味に時間を費やしていました。また、15分ぐらいの仮眠をとることもおすすめです。しかし、息抜きの時間を取りすぎることは良くないことです。メリハリをつけて、勉強する時は集中して勉強する、休む時は勉強のことをいったん忘れて休むようにしましょう。

 

 

これらのことが参考になれば幸いです。体調管理をしっかりして、これからの9か月頑張っていきましょう!