僕のセンター対策 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2017年 12月 22日 僕のセンター対策

こんにちは。本科担任助手の中川浩輔です。今回は僕が受験生だった時のセンター対策について科目ごとに簡単にまとめたいと思います。もしかしたら需要ないかもしれませんが、短いので読んでみてください(笑)

 

国語

・1月に入ってから毎日追試過去問一年分

←本番難化した時に備えて、一般に本試より難易度が高いと言われている追試を解いていました。点数が出ないと凹むのであまりお勧めしませんが、前年の追試の形式が翌年の本試で採用されることがあるそうなので、最新年の追試は解いておいても良いかもしれません。

 

数学

・12月半ばから毎日一年分

←最初の方は本試の過去問を解いていました。点数が安定してきたところで東進のセンター模試の過去問(ご存知の方も多いかと思いますが、東進のセンター模試の数学は難しめです)を解き始めました。最初は思うように解けませんでしたが、回数をこなすうちに解くのがどんどんが速くなっていきました。形式に慣れることが意外と重要かなと思います。

 

英語

・特に対策せず

←英語は比較的得意で、他科目の二次対策にも時間を割きたかったので、英語のセンター対策はしませんでした。

 

日本史

・1月に入ってから文化史・戦後史の復習

←ここはみんな同じ感じかなと思います。

 

地理

・1月に入ってから過去問5.6年分くらい

←個人的にデータが古い問題はあまり解きたくなかったので、国語・数学・理科基礎に比べると過去問演習量は少なめです。ちなみに地理は本番最悪の出来でした。苦手意識は無かったのですが。。。

 

理科基礎

・12月に入ってから、参考書・問題集・過去問・模試問題を合わせて一日2時間ほど

←本番難化した時に大崩れしないようかなりしっかり対策しました。

 

大体こんな感じで、余った時間は二次試験の過去問を解いていました。論述力が落ちると嫌だったので(これくらいの期間やらなくてもそこまで落ちないかもしれませんが。。)

 

以上僕のセンター対策でした。参考になった点があれば幸いです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。