分析力と計画力 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2017年 7月 12日 分析力と計画力

こんにちは。連日気温が30度を越えるようになり、夏の訪れを感じますね。

今日のブログは、東京大学文科三類1年生の青木が担当させていただきます。

 

さて、今回は「分析力と計画力」というテーマで、勉強方法についてお話ししようと思います。

 

昨年私自身が浪人し勉強する際に最も気をつけていたことが「結果を正しく分析すること」と「分析を基にした学習計画を立てること」でした。

 

浪人生は現役生と違って、勉強時間や受ける模試の数も圧倒的に多いです。ですが、与えられた時間や結果を出すチャンスに甘えてなあなあに勉強を進めても合格には結びつかないと思います。

 

私は現役のとき、好きな科目ばかり勉強し、苦手科目をおろそかにしたり、模試を受けても結果に一喜一憂するだけだったりと闇雲な受験勉強を行なっていました。

 

その結果、どんなに勉強しても模試の点数は一向に伸びず、本番もボロボロでした。

 

この反省から、浪人の一年間は、模試の結果と日々の勉強方法を分析し、一ヶ月、一週間、一日の学習計画を細かく立てることにしました。

 

分析において大切なことは「できなかった理由とできるようになる方法を突き詰めて考えること」。学習計画を立てるにあたって大切なことは、「時間と量を具体的に決めておくこと」です。

 

そして、一度考えた分析や計画を絶えず振り返り、計画通り進んでいるかだけでなく、計画通りにやって問題を解くことのできる力が本当についているか絶えず確認することも大事だと思います。

闇雲に勉強することも、計画を守ることも合格には直結しません。

 

大切なのは、合格に足りないを分析し穴を埋めていくことです。

最後まで読んで下さりありがとうございました。