勉強するときに大切なこと(守本) | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2015年 3月 5日 勉強するときに大切なこと(守本)

こんにちは!東京大学理科一類2年生の守本です!

だんだんと暖かい日が増えてきましたね。読者のみなさんの中には、この春、大学進学が決まる人もこれから浪人を考える人もいることでしょう。

どちらにしても言えるのは、これからも勉強をし続けるということです。

そのときに忘れないでほしい、忘れないでいたいと私が思うのは、

一から勉強することの喜びです。

浪人をし始めた3月、受講することになった講座の山のようなテキストを受け取ったときその重さに驚くとともに、私は嬉しくて泣きそうになりました。

「ああやっと一から積み上げて勉強できる」と。

受験勉強開始が遅く、付け焼刃で断片的な知識を蓄積していた現役時代は、わからないことだらけで過去問解説を読むのも苦しかった。だけどこれからは体系的に学び直せるぞと思うと、とてもわくわくしたのを覚えています。

大学に入ってからは、ほとんどの教科書が論理的にきちんと積み上げられた書物になるように書かれています(英語以外)。期末試験勉強に追われて問題の解き方以外読み飛ばしてしまうこともありますが、基本的には教科書を前から読んでその内容を自分のものにしていくことが大切だと思います。

私はもうすぐ3年生になり、これまでの一般教養課程から専門的な内容の勉強に移っていきます。既習事項を土台としてより高度な内容を積み上げていかなければならないので、これまでの学習内容で穴になってしまっている部分を埋めなければ、と少し焦っています

これから大学生になる人は二年後に焦らなくて済むように、これから受験準備をする人は大学1年生の勉強の重要な土台となる高校の内容に抜けがないように、一から積み上げて勉強していってほしいと思います。

新宿校担任助手 守本志帆


2月20日より毎日入学説明会を実施中!

新宿校大学受験本科の資料請求はコチラから!

 

東進ハイスクール新宿校舎大学受験本科

TEL : 0120-104-020

(説明会、資料請求は電話からもお申し込みいただけます。)