受験の心構え | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2017年 6月 18日 受験の心構え

こんにちは、早稲田大学法学部2年の鷲野です。

 

浪人生となってから早くも2ヶ月弱が過ぎましたね。

 

 

  第一志望の大学に受かるために、毎日、為すべき事をしていますか?

 

 

 今回は

 

   浪人生として勉強する一年で常に意識してほしいこと

 

について、僕なりの考えを書きます。

 

 

 

 浪人すると決めた、3月4月頃の気持ちを思い出してみてください。

 

  多くの人は、

 

   「次こそは絶対に合格してやる」        

 

  と心の底から合格することを渇望していたと思います。

 

 

今、その気持ちはどうなっていますか?

 

時間が経ったことや浪人生としての生活に慣れたことにより、結果が出せなかったことへの悔しさ、合格への強い思いを忘れてしまった人もいるかもしれません。

 

 

 浪人生として勉強し続ける中では、現役生の時とは違う、精神的なプレッシャーがあります。

 

 

   「同学年の友達が大学生活を楽しんでいる」

    

「両親への経済的負担が大きい」

   

など、高校生の頃と環境は異なります。

 

  このような環境の中で

 

  一年間「大学に合格するためだけに勉強し続ける」ということは

  決して簡単なことではありません。

 

 時には勉強が嫌になったり、やる気が出なかったりすることもあると思います。

 

 こういった時、

 

「自分は浪人してまでなぜその大学に行きたいのか」

 

という目的意識を持つことが大事になってきます。

 

これは、一年間勉強し続ける根本的なものであり、最大の理由でもあります。

 

辛い時でも、よしやろう!と自分を奮い立たせることができるものなら、

理由は何でもいいと思います。

 

   「なぜその大学に行きたいのか」

 

   「その大学で何をしたいのか、学びたいのか」

 

 この事を意識しながら、勉強に取り組んでいってほしいです!

 

 

 それではまた次回!