新宿校・生授業紹介!~その②~ | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2014年 6月 4日 新宿校・生授業紹介!~その②~

みなさんこんにちは!毎度おなじみ担任助手の三枝(さえぐさ)です!

最近暑い日が続いてますね!ですが暑いということは、天気が良くて気持ちのいい日が続いているということですよね!(≧▽≦)

そんな天気のよかった連休、三枝は何をしていたかというと・・・

「ベットで二日間とも寝込んでました」

喉が焼けるように痛く、鼻水が止まらず、38度近い熱を出しておりました(T^T)

来週から少し気温が下がるようです、みなさんも体調管理はしっかり行いましょうね!

 

三枝のどうでもいい話はさておき!今回ご紹介する教室一斉授業(生授業)は・・・

 

 

数学科 松田聡平先生

「生徒からの熱い支持を得て東進に!基礎から最難関大レベルまで、考えるクセが身に付く、楽しく新しい数学!」

松田先生は、主に「東大クラス」「難関国立クラス」「医学部クラス」の生徒が受講する

「トップレベル国立文系数学」「トップレベル国立理系数学」を担当されています。

文系数学ではⅠA・ⅡBを、理系数学ではⅢCに特化した授業を行っています。

東進の映像授業でおなじみのあの松田先生が毎週新宿で生授業をしてるんです!(≧〇≦)

授業では、解けた人から先生に採点してもらうという時間もあり、ライブ授業ならではの授業が展開されています!

先生が指示する予習のレベル、そして授業で先生が配布されるプリントは膨大な演習量かつ難易度が高く、まさに「トップレベル」の名にふさわしい授業内容です!

しかしながら松田先生のわかりやすく、かつ面白い授業(しかもオシャレ!)で生徒からは

「今はついていくのがやっとですが、確実に自分の実力が上がっていくのを毎週実感しています!」

「演習プリントが充実していて、かつ解説もわかりやすい!」

大絶賛です!

 

 

こちらが松田先生による「トップレベル国立文系数学」の授業風景です!

トップレベル!と銘打っていますが、とても和やかな雰囲気ですね!!

 

次回は古文の授業を紹介したいと思います!

おたのしみに!(^〇^)