最も伸びる時期 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2017年 11月 17日 最も伸びる時期

こんにちは! 東京大学1年の松澤です!

 

11月も半ばになりました。最近は格段に気温が低下し、大学の真っ黄色に色づいた銀杏の葉もはらはらと散り始め、お鍋がおいしい季節がやってきたような感じがしますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

 

この時期はどの予備校でもいっぱい模試が行われる模試シーズンですね。週末は全部模試で潰れる期間が一カ月ぐらい続く地獄みたいな日々を過ごしていたのがもう一年前なのかと、僕には少し懐かしく感じられます。おそらく皆さんも身体的にも精神的にも疲れ切っていることでしょう。

 

模試をたくさん受験したからといって、なかなか成績は思うように伸びてくれないですよね。模試を受ける度に、成績表を見る度に、ちっとも伸びてない自分という現実に直面する。そんな人も少なくないと思います。

 

 

あきらめないでください。この時期が一番伸びるはずなんです。4月からずーっと繰り返してきた基礎的な部分がやっと骨身についてきて、模試や過去問の分析からようやく志望校の傾向を掴み始め、積んできた演習量の効果がみえ、いきなりできるようになる、そんな時期が今なんじゃないかなと思います。

 

点数や判定が悪かった模試だって決して無駄ではないです。本番に近い雰囲気の中で、本番に近い問題を解くという経験を積むことができたのですから。その経験は必ず自分を成長させてくれています。

 

 

まだまだ伸びる要素はいくらでもあると思います。その一方で残る時間も少なくなってきているのも事実です。センター試験本番まで2カ月を切りましたね。本番は着々と近づいています。それでも皆さんのやるべきことは変わりません。これまで通り、各自の分析に基づき、焦らず着実に勉強を続けていってください。変にリズムを変えないでください。落ちる確率は1%でも減らしましょう。

 

 

他の担任助手の皆さんが、実践的で役立ちそうなアイデアをたくさん書かれているので、たまにはこういう応援メッセージ的なのもありかなと思いました。抽象的なことばっかですみません。これからも頑張ってください!

 

それではまた。