現状に満足しない!(高本槙) | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2014年 12月 29日 現状に満足しない!(高本槙)

こんにちは!

担任助手の高本槙子です。

 

2014年もあとわずかですね!

今年はどんな1年でしたか?

私にとっては、とーっても有意義で良い1年でした!

 

大学に入学し、世界は大きく広がりました。

知らなかったことをたくさん知り、将来のビジョンも明確になりました。

たくさんの人たちと出会い、様々な影響を受けました。

 

知れば知るほど、自分の未熟さがよくわかります。

 

もっともっとたくさんの教養を身に着けたいと思い、

今まではあまり好きではなかった読書もするようになりました。

現在では1日1冊以上のペースで読むぐらい、読書が好きです。

ちなみに主に実用書ビジネス書を読んでいます。

小説は全く読まないので、来年はいくつか読んでみようかと思います。

 

今年はとても変化の多い1年でしたが、

一番感じたことは、現状に満足してはいけない!

ということ。

 

慢心せず、驕らず、常に謙虚に、上を目指す。

 

意外と難しいかもしれません。

 

 

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

 

という故事成語があります。

 

小さい頃に母から教わりました。

今でもとても好きな成語です。忘れたことはありません。

 

知っている人も多いと思いますが、

稲が実を熟すほど穂は垂れ下がるように、

人格や徳が高い人ほど謙虚であり驕った態度をとらないという意味です。

 

人より何かが優れていたり、立場的に上だったとしても、

偉そうにしていたりバカにするような態度をとっていては、

本当に力のある人だとは思われないでしょう。

 

みなさんはこれから大学に入学し、

たくさんの教養を取り入れて、将来大いに活躍すると思います。

社会を引っ張るリーダーにもなれます。

 

しかしそこで慢心しないでほしいのです。

 

驕らず謙虚に、常に自分は成長の途中だということを忘れないでください。

 

そういう人こそ、周囲からついていきたいと思われる気がします。

 

 

というわけで、この1年は得るものがたくさんありましたが私はまだまだです!

来年大学生になるみなさん、成長する機会がたくさんあるので、

どんどん活躍してくださいね!

楽しみにしています。

 

 

新宿校担任助手 高本槙子