睡眠時間について(吉川) | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2014年 11月 9日 睡眠時間について(吉川)

 

こんにちは!担任助手の吉川みのりです(^^)

 

 

 

みなさん風邪などひいていませんか?

 

わたしは睡眠不足が続いたせいで風邪をひいてしまいました…^^;

 

「勉強するために睡眠時間を削ったせいで風邪をひいた」なんて本末転倒なことがないようにしましょうね!

 

 

 

さて、みなさんは、十分な睡眠をとれていますか?

 

 

 

  • 脳と体の疲れを取る

  • ストレスの解消

  • 体の成長や老化の防止

  • 病気の予防

  • 記憶の定着・学習効果の効率化

 

睡眠には以上の効果があります。

 

受験生のみなさんにとっては、不可欠であることがわかりますよね!

 

特に、最後の項目。睡眠時間を削っての勉強はあまり効果がありません。

 

 

 

しかし、いつまでもだらだらと寝ているわけにはいきません。

 

質の高い睡眠を意識してみましょう!

 

 

 

  • 起床時間を一定にする

     スッキリ起きるのに最適な時間は一般的に90分単位だと言われています。起床時間を固定して、寝る時間を逆算してみてください。

 

 

 

  • 就寝前にスマホ・パソコンを使わない

     寝る前に強い光を浴びると体内時計が乱れてしまい、眠りが浅くなります。就寝の2~3時間前にはスマホ・パソコンを見ないようにしましょう。

 

 

 

  • 起きたら太陽光を浴びる

     太陽光を浴びることで交感神経が刺激され、目覚めやすくなります。起きたらすぐにカーテンを開けましょう。

 

 

 

  • 日中に適度な運動をする

     日中の適度な運動は、睡眠を邪魔するストレスを軽減するだけでなく、睡眠ホルモンを分泌します。勉強の合間に少し体を動かしてみましょう。

 

 

 

 

 

「それでも日中眠い」

 

そんな人は、昼寝をしてください!1~3時の間に10~20分だけです。

 

東進や学校の休み時間に寝るのがちょうどいいですね。

 

 

 

睡眠には個人差があるので、全ての人にあてはまるわけではないですが、自分にあった睡眠時間を見つけて効率のいい勉強をしましょう!

 

 

 

センター試験まで70日もないのに、東進や学校で寝るなんてもったいない!

 

生活リズムを見直して、志望校合格への道をまっすぐに進んでください!

 

 

 

 

 

Sleep now and a dream will come out; Study now and a dream will come true.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う。

 

 

 

新宿校担任助手 吉川みのり