私が東進新宿校を選んだ理由 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2018年 3月 19日 私が東進新宿校を選んだ理由

こんにちは!

 

4月から東京農工大学農学部の3年生になる担任助手2年の大下裕太郎です。

 

現役生・浪人生を問わず、受験お疲れ様でした。大学受験の合否に関わらず、今の時期は来年度に向けての準備期間ですね。

 

浪人を決意された方は来年度の受験に向けて、どのような環境で学習を進めるかを決定する非常に重要な時期です。私もちょうどこの時期に浪人を決意し、この校舎への入学を決めました。

 

個人的な話にはなりますが、私が浪人を決意した後に東進ハイスクール新宿校を選んだ理由を話したいと思います。

 

 

浪人を決意し、いざ予備校探し!となったものの、自分の実力に合う予備校が見つかるのか…という不安はかなり大きかったです。

 

センター英語100以下、次年度の受験で使用する数Ⅲ、化学は未習という状況で基礎固めの段階から丁寧且つ自分のペースで行える予備校を見つけなければなりませんでした。

様々な予備校の説明会に参加したところ、個人の実力に合わせて提供される映像授業や効率よく基礎固めができる高速基礎マスター等の東進ハイスクール独自のコンテンツに惹かれ、新宿校への入学を決めました。

 

また、説明会の内容が最も分かりやすく、一番生徒のことを考えている予備校だという印象を受けたことも、この校舎への入学を決意した大きな要因です。

 

校舎の先生方の手厚い指導と完成度の高い授業のお蔭で無事、志望校に合格することができました。

 

 

現在、予備校探しをしている皆さんには、

 

・その予備校が生徒のことをどれぐらい考えているか?

・学習カリキュラムが自分の学習スタイルや学力状況に合っているか?

 

を特に意識して予備校を選んでいただきたいです。

 

浪人生活は決して楽なものではありませんが、やり切れば必ず有意義な経験として自分の中に残ります。だからこそ、予備校探しは慎重に行うことをお勧め致します。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

担任助手2年 大下裕太郎