私が浪人を決意した理由 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2018年 3月 12日 私が浪人を決意した理由

こんにちは。担任助手の青木です。国立後期試験も終わり浪人を考える方もいると思います。浪人を決意した理由について話そうと思います。

 

私は浪人するつもりはありませんでした。しかし現役時の大学受験は大失敗。第一志望の東大はおろか私大も後期も全部不合格。自分なりに真面目に勉強してきたつもりではあったのでショックでした。

私は小さい頃から勉強が好きで、読書にせよ受講するにせよ、「目の前にある知をもっと吸収したい」という欲に従ってただゆるふわに勉強してきました。東大も「日本でいちばんの大学で知を享受したい」というざっくりとした理由で志望していました。

大学受験はそれではうまくいかないと、失敗して気づきました。まず計画性がありませんでした。眼前に広がる知を無作為に吸収するのではなく、第一志望校に合格するために自分に現状不足している知を把握し、不足分を補うための対策を考え実行する、という計画的な勉強が必要でした。

そして目標の志望動機があいまいでした。浪人ともなればしっかりした志望動機がなければ乗り越えられません。自分が将来何をしたいのか、そのために東大に行く必要があるのか検討する必要がありました。

 

本校舎では、担任助手によるグループ面談が毎週あり、さらにほぼ毎月ある模試後には自分で書いた模試の分析シートをふまえ担任と面談を行います。同じ志望校の生徒と毎週行うグループ面談では様々な理由で東大を目指し将来を考える人に刺激を受けられます。

 

本校舎では、毎日校舎説明会を行っています。私も一昨年説明会に参加し、上記のシステムやほか様々なことを聞いて自分は東進新宿本科で浪人すべきだと考えました。3月中将来を考え続け、東大の比較教育社会学科に進学し教育を学びたいという大学への志望動機を決め、浪人をへて現在東京大学文科三類に在籍しています。

 

浪人をやり遂げるにはいかに志望校や将来への動機をしっかり考えるかが大事だと思います。浪人の一年が人生における失敗かはたまた将来へのバネとなるかは自分次第です。本校舎ではみなさんの一年が将来へのバネとなるような最高の環境でみなさんをお待ちしています。