私の推し講座と受験生の夏について | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2017年 7月 31日 私の推し講座と受験生の夏について

こんにちは。担任助手2年の後岡です。

 

今回は私の「推し講座」と「受験生の夏」について書いていきたいと思います。

 

私の推し講座は「微積もぐんぐん[理系微積分+α]-応用編―」です。

この講座は基本編で学んだことをもとに数学Ⅲの応用的な問題演習を通して、真の実力を養うことを目的としています。

 

担当講師である長岡先生は、その問題に対するアプローチがどこから生まれてくるのかを論理的にわかりやすく解説してくれます。これを理解することで、どんな問題に対してもたじろぐことのない力がつくと思います。さらにオーソドックスな解法はもちろん、時間短縮につながる華麗な別解も紹介してくれます。

 

授業内で解く問題はどれも入試頻出かつ骨のある問題ですが、長岡先生の解説をベースに何度も繰り返し解くことによって、いつの間にか難問が常識になることでしょう。そうなればもう怖いものなしです。

 

また授業で取り扱う問題のほかに、自習用問題というのがあります。授業で学んだことを活かして取り組むことで、数学的思考力、計算力がぐんぐ上がると思います。

 

この講座を受講し、数学力がついたおかげで東工大に合格することができました。

 

数学をもっと伸ばしたい!!という方は是非受講してみてください。

 

 

 

続いて受験生の夏について。

夏といっても基本的に計画を立てて「毎日勉強」というスタイルは変わりません。

 

じゃあ何をすればいいのか?

 

過去問演習にむけて基礎を完成させる。これが最優先だと思います。

 

ここで注意してもらいたいのが「基礎=簡単な問題」ではないことです。基礎とは問題を解くための鍵であり、基礎の「量と質」が高いほど難問を素早く正確に解くことができます。

 

僕は8月中に先ほど紹介した「微積もぐんぐん[理系微積分+α]-応用編―」を終えて数学における基礎を固めました。

 

逆に基礎ができていないと、過去問演習をしても解けない問題が多くなり、またその問題の理解・復習に追われ演習がスムーズにいかなくなってしまいます。

 

なので、この夏は4〜7月にやったことを繰り返し学習することで基礎完成を目指すことをおすすめします。「絶対に合格する!」という強い意志をもって頑張ってください!

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それではまた次回。