経験者が語る予備校の選び方(高橋佑) | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2016年 3月 8日 経験者が語る予備校の選び方(高橋佑)

こんにちは!

4月から東京大学2年生になる担任助手の高橋です!

ちょうど国公立前期試験の発表の時期ですね!

今日も生徒から嬉しい合格報告を聞けました。新宿校で1年間頑張った皆さん、本当にお疲れ様でした。(卒業式が3/15に行われるのでぜひ来てください!!)

これから後期入試を受験する方は最後まで手を抜かずに頑張ってください!

 

さて、今回はもう1年頑張ることを決意し、東進新宿校が気になりこのページを見てくれたそこのアナタに向けて話します。

(ほら、そこのアナタですよ!顔をそむけないでしっかり聞いてください!!)(最初に言っておきますが、宣伝です。笑)

 

まず初めに、

1年間頑張り続ける覚悟はできましたか?

色々な誘惑を退け、1年間勉強し続けることはそれなりの覚悟が必要です。

覚悟ができた方は下にお進みください。

  

では、「なぜ東進で浪人するのか」

高校生の頃東進に通っていた人も、通っていなかった人も、東進は「現役生対象」というイメージが強いと思います。

少し、私のことを話します。

3のとき、私は他の塾に通っていました。勉強を始めたのは部活を引退した夏からで、2次対策をメインに必死に勉強しましたが基礎がまったくできておらず、志望していた東大もセンター試験で足切りとなりました。

他の大学に通うということは頭の中に全くなく、すぐに浪人を決意。予備校を探し始めました。河合や駿台から資料を取り寄せ、足を運び悩みました。東進についてもネットで検索してみると「東進新宿校大学受験本科」の文字が。

ページを開いてみるとなんと今年(当時2015.4)から開校とのこと。おおっ!!一期生か!きれいな校舎いいなー。(今考えてみると食いつくところ思いっきりおかしいですよね。笑)それに加え田舎者の私は新宿という立地に憧れ、(これもおかしいですが、きっかけなんてどうでもいいのです!笑)

とにかく一度見に行ってみることにしました。

そのころの私は東進について「映像授業の塾」という程度の知識しかなく、一つの候補として訪れました。説明会に参加して校舎長から話を聞いて、一瞬でこの予備校を信じて大丈夫だ、と感じました。というよりも、ここでなら1年間しっかり勉強していけると思いました。

 かなりおおげさで、胡散臭く感じられると思いますが、当時の私の素直な感想としてはそんな感じです。

 

ぶっちゃけてしまうと、予備校は一般的に有名とされるところは、どこも良い予備校だと思います。良い予備校という言葉が正確じゃないとすれば、合格実績を見てわかるように、それなりの大学には「受かる」予備校です。その予備校で「どうすればできるようになるのか」常に考えながら1年間勉強し続ければ受かるだけの力はつくはずです。

 

では、どうやって予備校を決めればいいのか。

私なりの答えは、「【そこでなら1年間頑張れる】というような自分に合った予備校を見つける」ことです。

で、そのためにはたくさんの要素を比較しなければならない。

・映像授業がいいのか、ライブ授業がいいのか。(新宿校では映像とライブの組み合わせです!!)

・家から近い方がいいのか、遠くても通い続けられるのか。(新宿駅は通いやすいですよね!)

・自習室は使い時に必ず使えるのか。(新宿校は全員分の自習スペースが確保されています!)

・質問はしたいときにできるのか。(講師の先生や、それぞれのクラス出身の担任助手が答えてくれます!)

・校舎は何時から何時まで開いているのか。(新宿校は月~土8:0021:45、日祝8:0019:00で年中無休です!)

・勉強以外の進路などの相談もいつでもできるのか。(担任と担任助手が担当としていますので、いつでも相談出来ます!)

 もちろん、親御さんにお金を負担してもらうのですから金銭面からも考えなくてはいけません。

もし自分で悩んでいる予備校がいくつかあるのなら、全部の予備校に話を聞きに行くべきです。紙面上の情報や人から聞いた噂だけで判断するべきではないと思います。1年間という時間を使って浪人するのだから自分でちゃんと納得して予備校を決めて下さい!

 

偉そうに語ってしまいましたが、同じく浪人をした先輩として、伝えたかった事です。

 

何か新宿校について気になることがあったらお気軽に電話してください!

説明会も毎日行っています!

時間がどうしても合わない方は個別での説明も行っているのでまずは新宿校へお電話を!!新宿校の入学締切は3/31なのでお早めにお問い合わせをお願いします。

 

みなさんのこれからの1年が実り多きものになりますように。

  

担任助手 高橋