結果より過程が大事? | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2017年 6月 17日 結果より過程が大事?

はじめまして。今日のブログは東京大学文科二類2年の吉川が担当させていただきます。

 

今回は、自己紹介も兼ね個人的な話を含めて、受験勉強をするにあたっての精神的な部分の話をさせていただきたいと思います。

 

 

突然ですが、みなさんは結果と過程どちらが大切だと思いますか?

 

個人的な話をさせていただくと、わたしは幼い頃かなりの負けず嫌いで、勝負事はなんでも一番を取らないと気が済まず、かけっこで転んで一番を逃したり、ピアノのコンクールで一番の賞を逃したりして、よく泣いていました。その度に、両親や先生は私に言いました。「大切なのは結果よりここに至る過程だよ」と。

 

小さい頃は従順にその言葉を信じていましたが、中学生になり部活で陸上を始めてからは元来の負けず嫌いに磨きがかかり、「結果が全てじゃない」と何度言われても「結果を出さなきゃ意味がない」と思っていました。

 

しかし「全国に行けなかったら精神が崩壊するのではないか」と思うほど全てをかけて臨んだレースで全国大会出場を逃したとき、なぜか清々しい気持ちだったのです。「自分にできることは全てやったししょうがないか」と初めて過程に意義を見出すことができた瞬間でした。あれほど辛かったはず練習も今では不思議と楽しかった記憶でしかありません。

 

では、私は結果より過程が大切だと思っているかというと、そうではありません。貪欲に結果を求めてでき得る全てのことをするからこそ、終わったときに初めて救いになる、所詮結果論だと思っています。結果も出ていないときに過程に意味をもたせてしまうのはやるべきことをできていない自分への甘えだとも思います。

 

ですから受験生の皆さんには、ぜひ結果にこだわって勉強してほしいと思います。絶対に第一志望に合格してやる、という強い気持ちを持って自分にできる全てのことをしてほしいです。合格発表の日に笑っていられるような一年にしてください。

 

 

私自身の話が長くなってしまいましたが、このブログが皆さんの力になることができたら嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました!