緊張に負けるな!?(三橋) | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2016年 2月 12日 緊張に負けるな!?(三橋)

みなさん、お久しぶりです!

 

法政大学文学部2年の三橋です。

 

いよいよ来週から早慶入試、そして国公立二次試験がやってきますね。

第一志望を目指して一年間頑張ってきたことと思います!

 

最後は「直前ギリギリまで勉強してきた力を余すことなく発揮する」これに尽きますよね?

 

そこで大切になってくるのは心の準備だと思います。

誰だって緊張するもの。試験問題が配布されてから、「はじめッ!」の合図までの時間の緊張を今でも覚えています。

 

というわけで、今回は実体験をもとに緊張との向き合い方について書いていきます!

(自分はこれがよかったという二本立てでお送りします)

 

その1 緊張するのは本当に悪いことなのか?

「緊張を抑えつけようとするのをやめよう」ということです。頑張ってきた一年間を振り返れば、気負ってしまうのは当然のこと。つまり、緊張は頑張ってきた証ということです。緊張している自分を受け入れて、「頑張ってきたんだ。緊張するのは当然だよなあ。」とつぶやくことで気持ちが軽くなるかもしれません!

 

その2 笑ってみる!

緊張して心臓バクバクこんな時は結構ひどい顔をしていることが多いです(実体験に基づく)。そんな時は口角を少し持ち上げて「イ」の形にしながら、目尻を少し下げるようにして顔を緩めてみましょう。そして「ハッ」と息を吐く。リラックスするには笑顔になるのが手っ取り早いと思います!

 

少しは参考になったでしょうか?自分の緊張を受け入れるためには、それまでの過程が納得できるものでなくてはなりません。

 

ということで結びは他の方々と一緒。

 

「最後まで妥協せずにやりきること」

 

応援しています!!

 

三橋