脱モノトーン | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2017年 6月 30日 脱モノトーン

こんにちは。今日のブログは、千葉大学国際教養学部国際教養学科1年の神崎が担当させていただきます。

 

今日の私のお題は、脱モノトーン

 

普段、朝はやく校舎に来て勉強して19時以降に帰るというモノトーンな日々を過ごしている人もいると思います。浪人として校舎で勉強し初めて3ヶ月になり初心を忘れ、ただやみくもに勉強している時間もふえてきているんじゃないですか??

 

注意して欲しいのは、勉強すれば、よしという考え方は持たないようにしていきましょう

 

それはなぜか。

 

受験においても社会においても、

 

ピンポイントで重要な情報を指し示すことができる人に価値がある

からです。

 

 

例えば、昔は、たくさん知識を持っているのが価値ある人と見なされていました。ただ、教育やメディアが普及した今は、知識の海から切り取るGoogleのように検索したら欲しい情報が出てくるというものが必要となっています。知識はあるけれど探すことが面倒くさいものは、もう需要がない時代です。

 

入試においても同じで、大学によって入試形式が違います。

 

例えば、東大数学なら評価を用いて証明する問題が出題されることは、1つの独特な特徴だと思います。

 

 

 

その大学の形式と傾向に対応して勉強することが、受験生に要求されていると思います。もはや、

 

勉強時間が多いだけの人は、求められていないのです。

 

 

だから、常にゴールが要求していることを意識して勉強してください。

また、まだ過去問を解いていない人は一度過去問を解くことは大切で、来年の合格から逆算して効果的な図面を設計できると思います。

 

これを実践すると、浪人の毎日が、モノトーンなものなんて思うことはなくなるでしょう。

 

ではでは。