(株)受験生のみなさまへ。(三枝) | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2015年 8月 25日 (株)受験生のみなさまへ。(三枝)

皆さんこんにちは!

早稲田大学文学部西洋史学科、担任助手の三枝亮也です!!

 

このブログの書籍化の話も大詰めで、東進ブックスの担当の方々と8月中は何度も打ち合わせをさせていただき、ようやく形になり始めました。おそらく書店に並ぶのは今年の冬くらいになると思います。

お楽しみに!

 

 

 

 

そんな始まりだったら面白いんですけどね。

打ち合わせも何も、三枝は毎日図書館通いなので、家族以外とほとんど話していませんよ。

 

さ、そんな三枝の自己満足は置いておいて。。(あ、もちろん書籍化の話はいつでも受付中ですよ!雑誌の原稿依頼とかも受け付けてますよ!)

 

センター試験本番レベル模試も終わり、もう夏休みも終わりですね。

新宿校のみんなも毎日7:30~19:00までがんばっています!すばらしいことですね。

(もっとやっている子もいます!すばらしい!!)

 

しかし油断なりません。三枝の的な統計によると、

6月、9月、10月に受験生は予備校に来なくなる

傾向があります。

諸説ありますが、毎年この季節に何人も受験をあきらめたり、勉強するのが嫌になったりして予備校に来なくなります。

遅刻が増えるのもこの時期です。

 

そんなみなさんに一言。

 

そんなんじゃ今後生きていけませんよ!!

 

おそらく99.9%の人が、何かしらの「組織」に属して仕事をすると思います。(もちろん社長も含む)

「組織」に属して仕事をするということは、就業時間というものがほぼ必ず存在します。

○時に出勤して、○時に退勤する。さらに残業なんてあったりして・・。

 

受験も一緒ですよ!

○時に登校して、○時まで勉強(仕事)をしていく。

平気で、しかも無断で就業時間を破る人!

社会に出て働き初めても、平気で、無断で、気分で欠席・早退・遅刻するんですか?

 

勉強と仕事は別じゃん!仕事になったらちゃんとやるよ。

→たった数ヶ月やりきれないキミが何年もできるとは思いませんね。

 

「受験がすべてじゃないし・・。」「もう受験勉強するのあきた・・。」

→たった1年続けられないキミが、40年働き続けるこれから先耐えられるか僕は心配です。

 

受験勉強していることは、みなさんの「権利」ではありません。

親にお金を出してもらって、勉強させてもらっている限り「義務」です。「労働の義務」と同じく「義務」です。

 

その点でみなさんは「受験勉強」という「仕事」をしている!ということを忘れずに!!

 給料はなにか?そんなの決まってるじゃないですか。

 

知識という財産と、不滅の経験

 

ですよ。

なんか説教臭くて、しかも長くなってしまいましたね・・。

三枝の思いが通じればありがたいです。

 

ではでは!!