正しい浪人生活をするために(丹) | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2014年 10月 31日 正しい浪人生活をするために(丹)

こんにちは!

担任助手4年の丹です。

最近は卒業論文や入社に備えた英語学習に日々追われ、就職活動の終わった4年生が1番楽と言う人もいますが、私はいろんなプレッシャーに押しつぶされそうです。

 

でも、なんとか乗り越えてやろうと強く思える原動力が私にはあります。

この気持ちは浪人をきっかけに抱いたもので、みなさんにも少なからずある感情だと思います。それに明日から11月という本番直前期とも言えるこの時期に、

もう1度初心に戻って自分の生活態度を見直してもらいたい

と思ったのでお話しします!

 

みなさん、浪人が決まった時、何を感じましたか?

私は「親への申し訳なさ」を1番に強く感じました。

そして、浪人期間中「親のありがたみ」も強く感じました。

 

そもそも浪人できたのは誰のおかげかな?

あなたのことを1番心配しているのは誰だろう?

 

浪人生には親御さんに感謝だけでなく

恩返しする使命があると思います。

 

これだけ迷惑かけたなら、もう二度と失敗してはいけません!

だからこそ、明日から正しい生活を送って1秒も後悔しない時間を過ごしてください。

もし遅刻してしまいそうな人は受験本番を見据えて朝方に、

居眠りをしてしまいそうな人は無理の無い1日の計画立て、

睡眠時間はキープする。

この記事をきっかけに、もう1度自分の生活態度を見直してみましょう。

 

このままで親御さんに恩返しをするための切符、

「志望校合格」は手に入りますか?

 

はじめに述べたように

私は今も「親へ恩返ししたい」という気持ちを原動力に日々頑張っています。

社会人になっても、いろんな形で親を喜ばせて、

それが巡り巡って社会貢献に繋がったらいいな。

がんばって働くぞ〜!

 

ぜひ、今日から親への感謝の心を強く持って

勉強に取り組んでください!

 

受験が終了したら「浪人させてくれてありがとう」

心から言える結果が出ることを楽しみにしています。

残り2ヶ月!がんばろう!

 

新宿校担任助手4年 丹 映梨花