9月 | 2017 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 2017年09月の記事一覧

2017年 9月 29日 模試を受ける意義と復習

こんにちは。担任助手2年の後岡です。

 

今回は模試について話そうと思います。

 

 

 

最初に模試を受ける意義について。

 

それは自分の実力を客観的に評価できるからだと思います。

 

点数としての実力をみることで、主観でみる実力とのがわかります。この差がどのようなものかによっては模試後の勉強法、計画を見直す必要がでてきます。いまのやり方が正しいか、しっかり分析しましょう。

 

 

 

次に、どんな点数をとっても気にしないことが大切だと思います。

 

悪い点数をとったら暗い気持ちになってしまうかもしれません。でしたら、復習を済ませたらすぐにその模試のことは忘れましょう。自分の弱点がわかったのですから、勉強してください。いい意味でポジティブに切り替えることが重要です。

 

逆にいい点数をとったら。もちろん嬉しいですよね。それでも、復習を済ませたらすぐにその模試のことは忘れることをおすすめします。

 

これは私の実体験なのですが、模試の結果が良くて油断していた、もっと言えば調子に乗っていた時期がありました。そしたら直後の模試で思うように結果が出ませんでした。幸いなことにすぐ切り替えられたので(もちろんポジティブに)、持ち直すことができました。

 

つまり、いい点数をとったら、「勝って兜の緒を締めよ」です。

 

 

 

最後に模試の復習について話します。

 

復習は模試の翌日までに、そしてできるだけ短時間で済ませましょう。普段の勉強に支障をきたさないためです。

 

そしてどこまで深く復習するか。科目によって多少違うと思いますが、目処は「その問題、もしくは類題が出てきても、すぐに完答できる」に設定するといいと思います。しっかり復習することで自分の穴を少なくし確かな実力がつくからです。

 

 

 

これからセンター模試、記述模試、冠模試など模試が多くなる時期になります。自分に自信がない人はメンタル面できついと感じるかもしれませんが、自分の問題点を見つけ軌道修正する絶好の機会なので、有効に活用してください。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

それではまた次回。

 

2017年 9月 26日 問題演習を進めるうえでの諸注意

9月後半になり受験も後半戦に差し掛かりました。

人による誤差はあれ基礎を終えて演習の段階に入る時期(特に東進生であれば過去問演習講座の受講を進めだす時期)と思いますので、今回の記事では問題演習をするうえで自分が受験時に気を付けていたことを書こうと思います。

 

まず大事なことは、主観と客観のずれを確認することです。

 

ここでいう主観とは、自分が持つ各教科、各分野に対する得意不得意などのイメージのことであり、客観とは、実際の自分の点数のことです。主観的イメージと実際の点数を比較することで自分の勉強の進捗状況を確かめていきます。

 

これがなぜ重要かといえば、例えば自分が得意だと考えていた分野でも実際には自分の気づかないところに抜けがあるとしましょう。得意というイメージのままその分野の勉強をおろそかにしていれば、抜けを対策しないまま受験本番を迎え、できると思っていたものができないことで慌てることになりかねません。

一方で、実際の自分の点数を正しく理解していれば、その正確な理解に基づいて受験までの勉強の時間配分などの学習計画を立て、苦手分野を事前に対策することもできます。

 

では、主観と客観のずれを確認するためにはどうすればいいかといいますと、一つのアドバイスとして問題演習を終えた際になぜ正解したのか、なぜ間違えたのかをまとめて書いておくことがあげられます。

正解した原因、不正解の原因を考え自分で言葉にすることで自分の実力を客観視できるからです。加えて、不正解の原因が分析できた後はそれをどのように解消できるかまで考えるべきです。せっかく間違えた原因がわかってもそれを解決しなければ得点には結びつかないからです。

この原因の解消する手立てとして、問題の原因の分析をより細分化することがおススメです。細分化することで問題の所在がどこにあるかを明確にし、問題の解決のための方向性が定めやすくなるからです。

僕の場合、例えば数学では間違える原因を5つに細分化しました。

1基本知識の把握と利用

2問題条件の正確な読み取り

3方針を正確に立てられるか

4処理

5自分の解答が問題条件に応じた解答になっているかの確認(整合性の確認)

の5つに分け、また4の処理は特に文字の書き写しミス、四則演算のミス、因数分解のときの字数間違えなどに分けました。

僕自身は、これらの分類に基づき具体的な解決策を立て対策することができました。皆さんもこのような自分の受験する教科、分野ごとに考えてみるといいのではないかと思います。

 

まとめると、問題演習の際には、主観と客観の違いを意識しそれをどのように解消するかを考えること。そのためには問題を正解する原因と不正解する原因を考えること、特に不正解する原因を考える際は問題の細分化が有効、ということです。

 

 残り受験まで半年を切りましたが問題演習を有効に進めて受験を乗り切りましょう。

 担任助手 伊藤

 

2017年 9月 22日 問題演習の意義

こんにちは。本日のブログは早稲田大学法学部2年の井尻が担当します。

 

9月も後半になり、受験も折り返し地点に差し掛かりました。これまで基礎を固めることに注力してきた人の中には、「そろそろ過去問やらなきゃなー」といったように漠然と考えている人もいるかと思います。

 

しかし、演習を行う理由を理解しないままに、闇雲に問題を解いてもあまり効果的ではありません。

 

そこで今回は、なぜ演習が必要なのかについて、私が考える理由の一つを書きたいと思います。

 

テキストや参考書では何度も反復したはずなのに、模試の成績が伴わないといった経験はありませんか? このように、初見の問題で問われ方が変わると対応できなくなるということは、理解の深さが不十分であることが原因です。

 

「見たことがある状態(理解していると錯覚している状態)」「理解している状態」はまったく異なるものですが、それを自分で判断するのは簡単ではありません。現状と理想の間にあるズレを知り、「理解している状態」に近づけていくことが問題演習を行う理由の一つなのです。

 

ただし、先程書いた通り、ひたすら演習を繰り返せば成績が伸びるというような単純なものではありません。「演習→分析→課題の改善」というサイクルを繰り返していくことこそが重要なのです。

 

今回は、演習を行うべき理由について書きましたが、その正解は一つではありません。受験生の皆さんも、何のために演習をするのかを今一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

それでは、志望校合格に向けて、引き続き頑張ってください!

2017年 9月 19日 数学における基礎固めについて

こんにちは

 

今日のブログを担当します、一橋大学法学部1年の佐々木です。

 

今回のブログではタイトルにある通り、「数学の基礎固め」について話していこうと思います。

 

前回のブログでも書いたかもしれませんが、僕は受験期時代、数学が大の苦手でした。

 

 

ですが、自分は数学が苦手であることをしっかり自覚し、やるべきことを明確にして勉強し続けた結果、一橋の2次試験本番では5問の問題のうち4問弱を完答することができました。一橋は1日目に数学があるのですが、数学が終わった時点で合格を確信していた思い出があります。

 

(過去の自慢話は置いといて…)ここからは、何をどのように勉強していたか、具体的に書いていこうと思います。

 

まず、僕の浪人期の数学の勉強時間は約4時間半でした(センター試験直前期はさすがに他教科に時間を当てていましたが)。これを前提にした上で、ここからの文章を読んでいただけると幸いです。

 

前半期(4月~8月末)は、主に講座の受講をやっていました。これに関しては、今ブログを読んでいるみなさんにとっては過ぎ去ってしまった時期なので割愛させてもらいます。

 

現役生も浪人生も9月あたりからは演習の時期に入ってくると思います。この考えは間違っていません。ですが、ここで重要なのは、基礎的な問題を解くことも習慣化させておく、ということです。

 

具体的には、僕は前半期に数学ぐんぐん基本編を受講していたので、朝登校したら、まずぐんぐん基本編の問題を1講ずつ解いて復習していました。また、ぐんぐんではカバーしきれていない範囲があると考えたので、ぐんぐんを1通り解き終わった後東進ブックスのTYPE100という問題集も1通り解くようにしていました。TYPE100は1日5~7ページずつ解くという感じだったと思います。つまり、ぐんぐんを20講分→TYPE100を1冊→ぐんぐんを20構分というサイクルです。だいたいこれをやる時間は1時間程度だったと思います(朝のエクササイズ的なものにするといいかもしれません)。

 

 

ぐんぐん基本編やTYPE100程度の問題は問題を見た瞬間に解法が思い浮かぶレベルにしておくこと大事です。特にこれは数学が苦手な人ほど当てはまると思います。

 

 

例えて言うなら、英単語を毎日やるように数学の基本問題も毎日やるという感じですね。英単語ってやらないとどんどん忘れていって、英文を読むのが遅くなってしまうじゃないですか。それは数学の基本問題を解くことにも言えることなのではないかと僕は思っています。

 

とにかく、毎日続けることが大切です。(特に数学が苦手な人は)頑張ってください。数学から逃げてもいいことありません。めげずにやれば、いつかきっと数学力が上がります。僕も直前2週間前に数学が伸びている実感を得ることができていました。

 

 

それでは、今日のブログはこの辺で終わりにしようと思います(なんか内容薄くてごめんなさい…)。

2017年 9月 17日 過去問のすすめ

こんにちは。本日のブログを担当します、東京大学理科一類1年の松澤です。

 

受験戦争もいよいよ後半戦を迎えました。9月も下旬に差し掛かり、浪人生の皆さんはそろそろ過去問演習メインの学習生活にシフトチェンジしているのではないかと思います。しかし、次のような疑問をもつ人もいるのではないでしょうか。「浪人生が過去問やる意味あるの?」って。

 

浪人生のなかには、現役生だったころに志望校の過去問を何年分も解き、なんだったら問題文や解答まで覚えてしまった人も少なからずいると思います。志望校合格への実力を養成するのが過去問演習の目的ですが、解いたことがある問題を解いてもその目的は果たされないような気がしちゃいますよね。

 

私自身浪人時代に過去問演習を始める前はそのようなことを考えていましたが、実際に演習を進めるなかで一つの意義を見出すに至りました。それは、過去問演習は「基礎力が身についたことの確認の場」であるということです。

 

何を当たり前のことを言っているんだと思われるかもしれません。しかしながら、私は昨年過去問を解いた際、計算のスムーズさ、文構造把握の迷いの無さ、語彙力、背景知識の豊富さ、視点の切り替え、視野の広さ、柔軟性、典型パターンに対する圧倒的自信感、難問に対する初手の選び方など全てが現役時代のそれを遥かに凌いでいたのが実感できました。現役時に苦労した、或いは、難しいから解かなくていいと切り捨てていた問題が、1年経って解き直したら、自分の実力の範囲内でそれほど苦労せず解ける問題であったことがわかりました。

 

もちろん、基礎力がついたからといっていきなり全ての過去問が解けるようになるわけではありませんし、また、スラスラ解けるのは単に初見でないからというのもあるかもしれません。しかし、基礎固めが十分なされる前と後とでは、同じ問題でも見え方が違ってきます。その違いこそ、成長そのものに他ならないのだと思います。皆さんにはその感覚を体験してほしいです。

 

長くなりましたが、まとめると、過去問演習を通じて自分の成長を実感しましょうということです。成長を実感できると、自信にもつながります。4月から積み重ねてきた基礎を自信に変えていってください。

123