1月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 2018年01月の記事一覧

2018年 1月 22日 ≪合格者に聞きました≫直前期の息抜き方法

受験生は[センター試験後]の勉強が重要!

ということで、合格者が行っていた1月・2月の勉強内容を記してきました。

本日は、そんな合格者の【この時期の息抜き方法】です。

「勉強のみじゃないんですか?」

「息抜きなんてして良いのですか?」

という声も聞こえてきそうですが、国公立志望者は約5週間あります。

合格した生徒の【息抜き】とはどういうものなのか、

是非参考にしてください。

***********************************

 ①よく寝る。よく笑う。一日一回は人と話すこと

 ②1日15分だけと決めて、動画サイトで動画を見ていた

 ③昼休みには昼寝。家では勉強せず家族と話すこと

 ④蒸気のアイマスクを付けて寝ること

 ⑤1日1回、新宿中央公園で散歩すること

 ⑥とにかく出来るだけ寝る

 ⑦往き帰りの電車で読書を始めたこと  

 ⑧昼休みに昼寝をした  

 ⑨二次試験までの間に、一度だけ高校の友達に会ったこと

 ⑩昼休みの散歩(20分)

 ⑪家で家族といつも通り接すること  

 ⑫週1回だけ30分好きなアニメを見たこと

 ⑬寝る前に好きな芸能人の写真を眺めること

 ⑭おいしいごはんを食べること

 ⑭つらくなったら好きな科目をやるようにしていたこと

 ⑮休憩中に音楽を聴くこと

 ⑯昼休みのみ、友達と話した

 ⑰美味しいものを食べる、妥協しない(食事の時間を削ってまではやらない)

 ⑱土曜日の夜のみ、1㎞くらい自転車でこいでラーメンを食べに行く

 ⑲毎日夜にゆっくりストレッチをすること

 ⑳お昼に一人でおいしいものを食べること

  (周りとあまり会話しない方がやっていけた)

***********************************

参考になりましたか?

【息抜き】と言っても、生徒により捉え方が大きく違うようです。

重要なのは[決めて行うこと]です。

気分で変えたり、だらだらと休んだりするのではなく、制限をして行うこと。

目標に向けて、目的を持って息抜きすることです。

読んでいる君も、自分なりの【息抜き】しながら勉強してください。

 

2018年 1月 17日 ≪難関国立合格者に聞きました≫1月・2月の勉強内容

受験生は[センター試験後]の勉強が重要!

ということで、

前回に引き続き、合格者が行っていた1月・2月の勉強内容を記していきます。

今回は、難関国立合格者の内容です。

(難関国立は、東大を除いた旧帝大・一橋・東工・医学部を対象)

***********************************

3.難関国立合格者

 

 ①過去問演習をして、補強中心の勉強をした

 

 ②私大、二次の過去問演習が中心。

  二次は10年分を2周し、過去問の結果から講座の復習を行った。

  英単語等のルーティンは継続して行った

 

 ③過去問演習、ルーティンの反復をした

 

 ④「過去問演習⇔復習・問題集」の繰り返し

 

 ⑤過去問・マスターオブ整数・東大対策物理の受講など。

  直前期は何やればいいか迷うので、タスクとしてこなすしかない

 

 ⑥国立、私立の過去問が中心。

  過去問を解く中で、苦手な単元や解けなかった単元は

  テキスト・問題集を振り返った。

  また、そのような箇所はすぐに把握できるようにまとめておいた

 

 ⑦過去問や東工大模試の復習。

  そこで見つけた弱点の補強。化学のみ重要問題集がメイン

 

 ⑧過去問演習、講座と問題集の復習

 

 ⑨英語・数学:過去問(数学は赤本) 

  国語:過去問、テストゼミの復習、解法を頭の中で整理していた 

  地歴:インプット、過去問(社会は何度も繰り返し)

***********************************

参考になりましたか?

それぞれの科目の状態により、やるべきことは変わってくると思います。

重要なのは、1日1日計画を立て、目的を持って勉強し続けることです。

最後まで頑張ってください。

2018年 1月 16日 ≪早慶合格者に聞きました≫1月・2月の勉強内容

受験生は[センター試験後]の勉強が重要!

ということで、

前回に引き続き、合格者が行っていた1月・2月の勉強内容を記していきます。

今回は、早慶合格者の内容です。

***********************************

2.早慶合格者

 

 ①とにかく対策した。過去問を解き、問題に慣れた。

  それ以外は基礎の徹底復習

 ②ひたすら過去問演習と日本史インプット。また2日に1回英作文をした

 ③午前中は過去問を解いて復習。

  その後、徹底的に基本事項の穴埋め、英単語と英語長文の読み込み

 ④教材は志望校の過去問、各予備校の大学別模試を解いた。

  時間を計り、ミスしたところは本番では必ず解けるようにしていた

 ⑤滑り止めの大学の過去問を試験1、2日前に解く。

  ひたすら英作テンプレの暗記、数学テキストの復習、過去問の解き直し。

  すべての問題の解答根拠を把握するようにした

 ⑥上智と早稲田の過去問を使い演習。

  早稲田に関しては、点数が低かった教科は多めに演習した

 ⑦センターが終わってから、私大の過去問と基礎系の見直し

 ⑧一度解いた過去問を含め過去問を中心に勉強していた。

  世界史はなるべく広範囲、通史で勉強し忘れないようにしていた

 ⑨ひたすら過去問と日本史のインプット(特に戦後史)

 

***********************************

参考になりましたか?

それぞれの科目の状態により、やるべきことは変わってくると思います。

重要なのは、1日1日計画を立て、目的を持って勉強し続けることです。

最後まで頑張ってください。

2018年 1月 15日 ≪東大合格者に聞きました≫1月・2月の勉強内容

受験生は[センター試験後]の勉強が重要!

ということで、

今回から合格者が行っていた1月・2月の勉強内容を記していきます。

まずは東大合格者の内容から始めます。

***********************************

1.東大合格者

 ①国語は答案練習講座で記述対策、地理・世界史はテキスト再読と過去問演習、

  英語・数学は、過去の模試や模試問題集を行った

 ②二次試験の過去問演習と、知識の総復習

 ③過去問や参考書をとにかくやった

 ④1月中は各教科まんべんなく演習し、

  2月は特に日本史・世界史に重点をおいて勉強した

  また、数学では松田先生のライブ授業テキストを復習した

 ⑤数学はライブ授業の難しめの問題を解きなおし、

  物化は過去問及びテキストの難しめの問題を解いた

 ⑥過去問演習メイン。

  数学は20年分の過去問を解いたのち、それまで解いてきた問題を体系化した

 ⑦過去問→分析→復習→繰り返し 

  テキストの該当部分などを読む(化学とかだと重要)

  問題集の類似単元などをやってみる

 ⑧英語、国語、日本史、地理は今まで通り地力を高める勉強

  数学は模試の過去問25ヶ年など本番形式の問題演習がほとんどだった

 ⑨二次対策(過去問、模試問題集、答練復習)

 ⑩数学は体系の確認(復習)を重視した。あとは過去問と添削の繰り返し

 ⑪二次対策(過去問の残りと2週目、古漢の知識など)

 ⑫基本的には東大型の勉強(過去問実施や他塾の直前講習が中心)を行い、

  私大の2日前からはその私大の過去問を実施した

 ⑬本番起きてほしくない事を考えて、それが起こった時対処できるよう勉強した

 ⑭センター前は数学・国語・世界史に関しては二次用の記述も挟んでやっていた

  センター直後は私大5割、東大5割くらい。

  記述もしたが、知識の総確認も含めて一問一答ものは継続してやっていた

 ⑮英語→予想問題集、数学→松田テキスト復習:難問=8:2、

  国語→現代文の過去問2回目、古漢の答練二回目、

  地理→過去問2回目・まとめ、日本史→過去問

 ⑯ライブ授業、模試、過去問の復習。演習講座と答練

***********************************

参考になりましたか?

それぞれの科目の状態により、やるべきことは変わってくると思います。

重要なのは、1日1日計画を立て、目的を持って勉強し続けることです。

最後まで頑張ってください。

2018年 1月 13日 ※センター試験後に必ず実施してください※ センター試験合否判定

東進生は、自分の学力POSで[センター答案再現]を実施すること。

東進生でない方は、以下から[センター合否判定]を登録して下さい。

12