今時期からのメンタルの保ち方~海谷~ | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2018年 12月 5日 今時期からのメンタルの保ち方~海谷~

こんにちは!担任助手1年の海谷です。

平成がもう終わってしまいますね。入試当日が近づくにつれて、不安や緊張を感じている人もいるのではないでしょうか。そこで、引き続いて私からも

入試を乗り切るためのメンタルの保ち方について書いていきたいと思います。

 

 

 

私自身も1年浪人したにも関わらず、落ちてしまったらどうしようと日々不安に思っていました。実のところ入試本番まで不安がおさまることはありませんでした。そのため、2次試験の前日はまったく眠れず、1年間で一番といってもいいほど体調がすぐれないなか入試を迎えてしまいました。

 

 

 

私もこういう経験をしたので、不安や緊張をなくすというのは入試が終わるまで不可能だと思います。そこで、大事なのは不安や緊張を勉強に生かすことです

 

 

 

具体的には、もしも入試本番で自分の苦手な分野がでてしまったらどうしようと不安になっているとしたら、私は徹底的にその分野を行い、これなら本番にでても大丈夫だろうと思えるぐらいまで勉強していました。勉強をすればするほど、自分の苦手なところが見つかり不安に思うかもしれませんが、一個一個苦手をなくしていき不安を取り除いていきました。しかし、これが入試にでたら嫌だなという気持ちは入試本番までなくならないと思います。その時は、まあ1年余計に勉強しているのだから自分が解けなかったら、現役生もどうせとけないだろうと考えていました。

 

 

 

 

また、不安や緊張に駆り立てられて、夜遅くまで勉強しなきゃ・寝る間を惜しんで勉強しなきゃと思うかもしれません。しかし、やりすぎは禁物です。その日勉強量を増やしたとしても、次の日の勉強中に寝てしまったり、集中できなかったりしたら、身もふたもありません。不安に思うかもしれませんが、次の日に影響がでないようにきちんと睡眠や休息をとった方が良いと思います。

 

 

 

入試が近づくにつれて不安に感じるかもしれませんが、その不安を力にすることが受験において大切だと思います。

体調に気をつけながらも、最後まで頑張ってください!