10月 | 2017 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 2017年10月の記事一覧

2017年 10月 30日 模試に対しての考え方

はじめまして、東京大学経済学部4年の中村真です。

 

今回が初投稿になりますので軽く自己紹介をすると、本科で1年浪人して文科二類に合格し、2年後に経済学部経営学科に進学したのち、来年の4月から社会人になります。経営学科に属してはいますが、経営についてだけでなく経済理論や金融理論など幅広く学んでいます。

 

 

今回お話しようと思うのは、「模試に対しての考え方」についてです。

 

 

皆さんは模試をどういう気持ちで受けて、返ってきた時にどう結果をとらえていますか?前回より良い成績をとろうと張り切っている人もいるだろうし、思いのほか勉強がうまく進まなくて成績が良くなかったら嫌だなと憂鬱になっている人もいると思います。そして、いざ成績が返ってくると、頑張ったのに成績が伸びてなくてがっかりだったとか、ほとんど勉強が進まなかったのに案外成績が伸びていたので安心したとか、いろいろあると思います。ここで気を付けてほしいのは、良かった悪かったで終わらせてはいけないということです。つまり、結果をもとに分析をし、今後どう勉強をしていけばいいのか考えて改善する必要がある、ということです。分析のやり方に関しては、すでに投稿してくださっている方も多いと思うのでそちらの方を参考にしてください。

 

ではこれから何の話をするのかというと、模試を受ける前の主観的な考えと結果という客観的なデータとをむやみに結びつけてはならない、ということです。例えば、先ほどの頑張ったのに成績が伸びてない、というのを例にとると、「頑張った」というのは主観であり、「成績が伸びてない」というのは客観的なデータです。この時、多くの人は「頑張ったのに成績が伸びてない」と考えると思うのですが、本当にそうでしょうか?「頑張った」という主観がそもそも間違っていたら(頑張ってなかったとか頑張り方が間違っていたとか)成績が伸びていないのも当然だし、時間配分を間違えたなどで「(たまたま今回の模試の)成績が伸びてない」のならば実力はついているのかもしれません。つまり、受ける前の主観と客観的な結果に食い違いがある時はどちらの捉え方が間違っている、ということになります。

 

この捉え方が間違えていると、その後の分析→改善という流れが上手くいきません。結果から分析して勉強方針をしっかり立てたのに、そもそもの頑張り方が間違っていたら次の模試も上手くいかないでしょう。

 

そして、一番問題なのは「あまり勉強していないのに成績が良かった」という時です。なかには知らないうちに効率的な勉強ができていたから「あまり勉強していないのに成績が良かった」という人もいるかもしれませんが、多くの場合はただのまぐれです。つまり「(たまたま)成績が良かった」だけで、実力は大してついていません。そこに気付かないまま分析に入ってしまうと、実際は身についていないのに、成績が良かったから身についたと勘違いし、一歩進んだ勉強に入ってしまうことになります。すると、たいていの場合、その勉強は土台が無いがために上手くいきません。しかし、土台はあるものと思い込んでしまっているので、なかなか原因に気付けません。結果として、中途半端に基礎や応用を学んだだけになり、成績を伸ばすことが出来ないばかりか下がってしまいます。

 

結果をみたらすぐに分析に入るのではなく、いったんこのようなことを考えてみるのをお勧めします。

 

長くなってしまいましたが今回はこれで終わりです。最後まで読んでくださりありがとうございました。

2017年 10月 28日 「受験勉強は無意味か?」

みなさん、こんにちは!

 

担任助手4年の木村圭一です。

 

時間の流れは早いもので、やっと志望校に合格した!と思ったらもう4年生となってしまいました。ただそれでも受験期のあの体験は忘れられない…。

 

この体験については後日書くとして、今回は大学の勉強と受験勉強の違いや共通点について考えていこうと思っています。

 

自分は東京大学農学部の緑地環境学専修に所属していますが、専門的に勉強しているのは生態学をはじめとするマクロな生物学になります。これに加えて、英語の論文を読んだり調査で得られたデータの解析を行ったりするので英語や統計学を手段として使っています。

 

一方で、受験期に使っていた科目は英語数学国語化学生物地理です。

これだけ見ると以下のように思う人も多いでしょう。

地理・国語といった文系科目だけでなく、数学生物も全範囲を使っているわけでもない。化学に至っては理系なのにまったく使ってない!受験勉強は大学の勉強にあまり生かせないじゃん。

 

確かに表面的にはそうかもしれません。ただその理解は早合点すぎます。

例えば、地理です。自分は乾燥地の緑化をテーマに研究を進めていますが、ケッペンの気候区分や人口増加による諸問題(過放牧とか)もよく出てきます。またゼミなどで他の人の発表を聞く際にも熱帯雨林の話や扇状地の話が飛び出してきます。

化学やミクロな生物学も論文でよく見かけます。というのもマクロな現象であってもそれを引き起こしているのは、結局細胞同士の相互作用や化学物質の変化などに起因するからです。起きた現象の生物学的な意義を考えるのはマクロな生物学の出番ですね。

国語だって論文を書いたり読んだりするのには必須です。またそこで鍛えられた論理的な考え方は仮説の設定にも役立ちます。ちょっと意外なところでは、韓国の留学生に「なんで日本ではカタカナとひらがなを使い分けるの?そもそも日本語の歴史はハングルと比べて浅い?」との質問を投げられて、面くらいました。古典の話をまさか英語で説明するとは…。

 

例が冗長になってきましたね…。ただそれだけ、例を挙げるとキリがないということです。

まとめると、直接使えるか否かの差や使う頻度・内容の深さの違いはあれど、そこで得た知識・考え方は確実に生きるということです。というかそういう物の見方をしてほしいと思います。

 

受験勉強で得たものを使い続けられるかどうかは…、君たち次第

 

普段の勉強でちょっと意識すると、苦手な科目でもモチベーションが上がっていいんじゃないでしょうか。

 

 

次回のブログもお楽しみに!

2017年 10月 23日 過去問演習⇄復習

こんにちは、担任助手3年の楊です。

最近一気に気温が下がり、ぐずついた天気が続いていますが、受験生の皆さんは体調など崩されてないでしょうか?体調管理も試験科目の一つと現代文の林修先生もおっしゃいています。

勉強の計画やリズムを崩さないためにも、うがい・手洗い、あとインフルエンザの予防接種など行って万全の状態で勉強してくださいね!

 

 

 

さて、この時期に過去問を解き始める方が増えると思いますので、今回は過去問をフルに活用するために私がするべきだと思うことを書かせていただきます!

 

 

まずは問題を解くとき。

 

①キチンと時間を計って解く

これは至極当たり前のことかもしれませんが一回しかない本番試験の前のリハーサルを過去問演習のたびに行うというのはとても重要です。可能なら、なるべく試験会場に近い環境で行えるとより良いと思います。

もちろん難しい試験問題となれば、時間内に解き終わらないことがあるかもしれません。採点をして点数を出した後に手の付けられなかった問題も貴重な過去問の一つなので必ず取り組むようにしましょう。

 

 

 

次に分析をします。

 

②ここでは、限られた時間の中でどのように取り組めば得点を最大化できたか、ということを念頭に置きます。

 

(ⅰ)時間配分は適切だったか。

例えば、数学の問題で5分考えても解答の方針さえ見つからないような難問に出会った場合に、それ以上悩んでいるのは時間の無駄かもしれません。そのことがわかっていたとしても試験中に解けないと焦って時間を無駄にしてしまうものなので、冷静に振り返りましょう

 

(ⅱ)間違えた問題はなぜ間違えたのか。

よく、正解を見たあとで「解けたはずなのに!」とか「ここに気づいてれいば!」なんて思うことがあると思います。

そこで一歩踏み込んで、「なぜ解けなかったのか?」とか「じゃあどうすれば気づくことができただろう?」などと冷静に考えてみると、今の自分に足りない部分が見えてくるはずです。

 

(ⅲ)次回過去問を解くときに意識すべき点をあらい出す。

時間配分を間違えたのなら、解く順番を工夫してみるだとか、解いていて行き詰った時にはいったん保留して別の問題に取り組むだとか、今後試験を受けるときの自分なりのルーティーンを築いていきましょう。

 

 

最後に試験内容の復習です。

 

③受験生のほとんどが解ける問題や合否の差がつく問題を基礎的な事項から復習する。

このとき、参考書やノートを参照する前に、自分のわかっている部分とそうでない部分をまず把握してポイントを押さえた復習をすることで効率があがります。このときに②での分析が活きてくるのです!本番試験までの限りある時間をより有効に使いましょう。

 

 

 

以上の①→②→③→①→②→③→①……といったサイクルを繰り返すことで自分の穴の補強と試験で得点を最大化するルーティーンづくりをすることができるのです。

 

本番試験で緊張したり焦ったりしても、ルーティーン通りにやれば本来の力が発揮されることが期待できます!

 

 

志望校の過去問題は限りある最も有用な教材です。この記事を参考にして最大限活用していただければ幸いです!

2017年 10月 20日 受験勉強は無益か

こんにちは。千葉大学医学部3年の福島です。

今日は「大学での勉強と受験勉強との共通点」についてお話したいと思います。

 

このブログを読んでいる方の中でも今受験勉強に励んでいる方は多いかと思います。

皆さんは今、どのような気持ちで受験勉強に臨んでいるでしょうか。

受験勉強自体を好きという人はまれではないでしょうか。多くの人が受験勉強を好んでやっているわけではないのも事実かと思います。

 

そうなると、何かしらモチベーションが無いと、好きでもないものをやっていくことはしんどいはずです。このブログでも他の担任助手がモチベーションについて紹介していますが、「受験勉強自体に意味付けを行う」というのもモチベーションの王道になると思います。

 

ところが「受験勉強なんぞ大学に入ったら使わない」と思っている人もいるでしょう。それは正直なところ3分の1合っていますが3分の2は間違っています。合っているのは、今まさに皆さんが解いているような問題を大学でも解くことはほとんど無いということです。こればかりは大学が入学者を選定するためにどうしても課さなければならなかったものですから、そのような納得のもとでやるしかありません。

 

間違っている点は2つあります。皆さんが受験勉強生活で「合格への計画」を考えていると思います。そういった計画立ての精神やスキルは今後大学では「問題解決力」という形でさまざまな課題や目標を遂げる際に非常に役立つでしょうというのがひとつです。

実際私も大学の試験に対して、受験勉強と同様に何をどれくらい勉強すればよいのかを見極め、問題なくパスしてきています。

 

そして2つめは、問題は解かないものの、その概念理解は大学でも使うよ、ということです。

医学部入試では数学を課しているのですが、さすがに私も数学は入試として課しているだけで、大学では使わないだろうなと思っていました。しかし、蓋を開けてみると研究の分野では論文のツールとしバリバリ統計学が使われています。当然大学の統計学なので微積や極限(しかも込み入ったもの)で構成されているわけです。

 

受験勉強も折り返しを過ぎ、受験勉強が形骸化している人もいるのではないでしょうか。もしそうでしたら、もう一度受験勉強の意義を確認し、合格への道をしっかり見据えた上で日々を過ごしてほしいと思います。

2017年 10月 20日 環境とモチベーション

こんにちは、担任助手3年の袴田麻畝です。

今回は、環境の大事さについてお話ししたいと思います。

 

実はこのブログを皆さんが読んでいる頃、私はインドに語学留学をしにきています。(今このブログを書いているのは日本です笑)

 

大学でヒンディー語というインドの言語を専攻しているのですが、日本にいるとどうしても日本語を使ってしまったり、ヒンディー語を使う機会がそもそもなかったりして、中々スピーキング力が上達しませんでした。

 

だからこそ、インドに行って「ヒンディー語を話さざるを得ない状況」に身を置くことで、より自分の語学のスキルアップが出来るのでは無いかと考えました。

もちろん、インドではヒンディー語だけでなく英語も勉強する予定です。4か月という短い期間ではありますが、かなり密度の濃い4か月を過ごせるのではないかと思います。

 

 

ここで重要なのは「環境を変える」ということだと思います。

 

 

日常生活を自身のスキルアップできる状況に変えることは1番効果がある点で、自分が身を置いている環境とスキルの成長度の関係性は深いと思います。

 

 

今通っている東進の新宿本科生は、毎日朝から校舎に来て夜まで勉強するというサイクルを続けていると思います。校舎に行けば「勉強せざるを得ない環境」に身を置くことが出来ます。

 

浪人期の1年は勉強だけに集中できる、ある意味特殊な1年です。だからこそ、勉強に集中し続けることはすごく大変な事です。

 

 

新宿本科に通っている生徒の皆さんは、勉強だけに集中できる環境があります。受験の後半戦に差し掛かっている今、それを最大限に生かしていきましょう。

 

それではまた次回!

123