11月 | 2017 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 2017年11月の記事一覧

2017年 11月 25日 無意識を利用する。

こんにちは。担任助手2年の後岡です。

 

 

今回は僕が大学で習った脳科学について話そうと思います。

 

脳科学を利用したものにニューロマーケティングというものがあります。

 

ニューロマーケティングとは、脳科学の成果をヒトの消費行動や心理の解明に応用し、「脳にとって心地よい商品を出す」といった形でマーケティングに活用する取り組みです。

 

例えば15秒間のCMにおいて、被験者にCMを見せて、どのシーンに脳が反応しているかを測定し、反応が薄かった部分を改善するといった取り組みがあります。

 

また、どのシーンで脳が一番反応しているかを観測し、そこにキャッチフレーズや商品名などをもってきて、強い印象を残すこともできます。

 

 

私が面白いなと思ったのは、ニューロマーケティングの「ヒトの無意識、本心を扱う」というところです。逆を言えば多くの人は意識しても避けられない、ということです。これはいい面はもちろん悪い面もあります。実際にメキシコの大統領選挙でニューロマーケティングの原理を使い、候補者の印象を操作したという事例もあります。

 

使い方によっては危険なものなのでまだまだ発展の余地はありそうですね。

 

 

このように脳科学はヒトに大きな影響を与えます。これの影響は勉強にも応用することができます。

 

例えばヒトは視覚的なことのほうが覚えやすく、また静止画より動画のほうが記憶が定着しやすいと言われています。覚えることを表にしてみたり、頭の中でイメージを作りながら勉強すると覚えやすいかもしれません。

 

また自分が学んだことを誰かに説明することも効果的と言われています。説明するとなると、頭の中の情報をきちんと整理しなければなりません。その過程でその情報のなかでも重要な部分が見えてきたり、個々の情報のつながりが理解できるそうです。これは他人に教えるだけでなく、自分でノートに書き出したりしても同様の効果があるそうです。

 

 

 

もちろん合う合わないがあるので信用しすぎるのは禁物ですが、他にも脳科学を利用した勉強法はあります。勉強法で困っていたら、試してみてはどうでしょうか。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

それではまた次回。

 

2017年 11月 21日 受験勉強は無駄ではない!

こんにちは!新宿校担任助手2年の井尻です。

 

 

私は大学では、法律を専攻しているのですが、受験勉強で得られたものや必要とされていたものが、大学で勉強する上でも役立っていることを実感しています。

 

 

そこで今回は、大学での学習と受験勉強の共通点について、私が考えたことを書きたいと思います。

 

 

まず、私の大学での勉強について考えてみます。

 

皆さんはそもそも、法学という学問についてどのような印象を持っていますか?

 

法律の条文を暗記する学問だと考えている人も多いかと思います。 しかし、法学はそれほど単純なものではありません! 前提となる知識(条文等)を用いて、現実に起こる問題を論理的に解決していく学問が法学なのです。

 

 

次に受験勉強について、私が受験のときに選択していた日本史を例にとって考えてみたいと思います。

 

日本史は、人名や事件名などをただひたすら暗記する科目だというイメージを持たれがちです。確かに、日本史において語句を覚えるということは必要不可欠なのですが、事件や人物の相互の関連性を考え、論理的に理解することが出来なければ、解くことが出来ない問題も多々あります。

 

 

ここで、共通して言えることは、暗記をすることは前提となる知識を増やすことに過ぎず、そこで得た知識を用いて、思考することで初めて使える知識となるということです。

 

たとえ今やっている受験勉強が大学で学びたい学問と直接に関係がないとしても、それは決して無駄なものではなく、この先の勉強において必ず活かされると思うので、受験生はこれからもがんばっていきましょう!

2017年 11月 19日 「11月、12月の心構え」

こんにちは、早稲田大学一年の粕谷です。

 

 

今回は11月、12月という受験も終盤に差し掛かったこの時期の心構えについて話したいと思います。

 

 

まず一つ目に風邪をひかないように注意するということです。

 

 

風邪をひくことで勉強できる時間が減ります。加えて、今まで保っていた自分の勉強のリズムを壊すことになります。まったくいいことがありません!!

 

 

マスクをしたり、暖かい格好をするなどして予防をしていきましょう!

 

 

二つ目に焦らずに、スパートをかけていく、ということです。

 

 

皆さんそろそろ過去問演習をやり始め、多くの方がこの出来具合で受かるのだろうか・・・

と不安になると思います。

 

 

ここで焦って、勉強するために夜遅くまで勉強したり、量をこなそうとして、勉強の質を落としてしまっては本末転倒です。

 

 

このような無茶な焦り方は禁物です。

 

 

とはいえ、スパートをかけていかなければいけないのも事実です。

 

 

行き帰りの電車の中や、お風呂の中、今まで自分の時間に使っていた寝る前の時間など、勉強できる時間はまだまだあると思います。

 

 

残りもわずかになってきたと思いますが、まだまだ時間はあります。

 

 

最後まで走りぬきましょう!!

2017年 11月 17日 最も伸びる時期

こんにちは! 東京大学1年の松澤です!

 

11月も半ばになりました。最近は格段に気温が低下し、大学の真っ黄色に色づいた銀杏の葉もはらはらと散り始め、お鍋がおいしい季節がやってきたような感じがしますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

 

この時期はどの予備校でもいっぱい模試が行われる模試シーズンですね。週末は全部模試で潰れる期間が一カ月ぐらい続く地獄みたいな日々を過ごしていたのがもう一年前なのかと、僕には少し懐かしく感じられます。おそらく皆さんも身体的にも精神的にも疲れ切っていることでしょう。

 

模試をたくさん受験したからといって、なかなか成績は思うように伸びてくれないですよね。模試を受ける度に、成績表を見る度に、ちっとも伸びてない自分という現実に直面する。そんな人も少なくないと思います。

 

 

あきらめないでください。この時期が一番伸びるはずなんです。4月からずーっと繰り返してきた基礎的な部分がやっと骨身についてきて、模試や過去問の分析からようやく志望校の傾向を掴み始め、積んできた演習量の効果がみえ、いきなりできるようになる、そんな時期が今なんじゃないかなと思います。

 

点数や判定が悪かった模試だって決して無駄ではないです。本番に近い雰囲気の中で、本番に近い問題を解くという経験を積むことができたのですから。その経験は必ず自分を成長させてくれています。

 

 

まだまだ伸びる要素はいくらでもあると思います。その一方で残る時間も少なくなってきているのも事実です。センター試験本番まで2カ月を切りましたね。本番は着々と近づいています。それでも皆さんのやるべきことは変わりません。これまで通り、各自の分析に基づき、焦らず着実に勉強を続けていってください。変にリズムを変えないでください。落ちる確率は1%でも減らしましょう。

 

 

他の担任助手の皆さんが、実践的で役立ちそうなアイデアをたくさん書かれているので、たまにはこういう応援メッセージ的なのもありかなと思いました。抽象的なことばっかですみません。これからも頑張ってください!

 

それではまた。

 

2017年 11月 5日 「緊張」とは

こんにちは、東京大学文科三類1年の小川です。

 

11月に入りましたね、受験も後半戦です。

 

受験本番が近づくにつれ、緊張も高まり、平常心を保つことが難しくなってきている人が多いのではないでしょうか?焦り・疑心暗鬼、ただただもがいている感覚、そう言った負の感覚に敏感な時期です。

僕から1つ言っておきたいのは、それが当たり前、正常なことだということです。

 

皆さんは、志望校合格という一つの目標に対して真摯に努力してきたはずです。そしてその努力してきた自分を一番知っているのは自分自身のはずです。それはある種の誇りを生み、大きな支えとなる一方で、その大切な自分に対する否定への恐怖をまた増幅させる一因となり得ます。

 

この考え方の下では、逆にこう表現することもできるかと思います。

 

“平常心を保てないことは、すなわち、それまで自分が本気で努力をしてきたことの証明である”

 

陳腐な言い換えですが、自分自身はこう発想を変えることで自己暗示をかけ、受験終了までの高まる緊張を処理していました。

 

マイナスのように思えることも、強引にでもいいからプラスのエネルギーに変えられる力は受験という競争の上では重要だと思います。皆さんは、今まで努力してきた自分についての肯定感を持った上で、現状に対し批判的な視線を投げかけ続けてください。

 

もう一つ、参考までに僕が試験会場で、緊張しながらも、少しでも平常な感覚を保つために、試験の数ヶ月前から準備していたことを記しておきます。

 

1つは、昼食後に必ず仮眠をとる、という習慣を作ったことです。仮眠をとる時刻、眠る時間まで細く定めました。

 

意識を断つ時間を意図的に作ることで、少し自分を俯瞰できる余裕を作れるようになったかと思います。加えて試験中に眠気に襲われることもなくなり、パフォーマンス全体の向上が見られました。

 

もう一つは、試験会場での服装を決めておく、ということです。

僕はセンター試験も併願の私立受験も、本番の2次試験も、できる限り同じ服装で行きました。また、問題を解くときには必ず、日頃の学習の時から同じパーカーを着るよう定め、試験本番でもそれを実践しました。

 

服装で何か変わるのか、と思うかもしれませんが、自分自身はパーカーを羽織ると急に落ち着いていく感覚が毎回あったので、個人的には案外有効だと思っています。

 

些細なことですが、一例としてあげさせていただきました。本番に向け、あらゆる方面から準備をしていくことを忘れずに努力を重ねてください

 

今回はぼんやりとしたメンタル面についての記事となってしまいました。具体的な学習については、他の先生方の記事をぜひ参考にしてみてください。

 

この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

 

小川

12