12月 | 2017 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 2017年12月の記事一覧

2017年 12月 22日 寒い時期、体調管理に気を付けましょう

こんにちは。千葉大学医学部3年の福島弘高です。

 

3年生になってようやく医学知識がぽつぽつと頭に吸収されてきたと実感しています。

せっかくなのでここでも自分ならではの医学系のお話をしようと思います。

 

それにしても12月に入ってまた一段と寒くなりましたね。寒くなれば心配なのは風邪ですが、特に受験生の天敵はインフルエンザですね。もし試験本番時にインフルエンザにかかっていたら、私も今の大学にはいなかったと思います…。

 

インフルエンザをはじめ、感染症は何よりも予防が大事ですが、インフルエンザは予防接種という強力なツールがあります。これを使わない手はありません。

予防接種によって人はある一定の種類のインフルエンザに対して防御力を持ちます。これを獲得免疫と言います。

 

ところがインフルエンザも利口で、「連続変異」や「不連続変異」という遺伝子変異によって種類を変え、獲得免疫の盾をすり抜ける場合もあります。こうなってしまっては予防接種の「完全に感染を防ぐ」という期待は失われます。

国は今シーズン流行すると予想される種類のインフルエンザに対してのワクチンを作りますが、当然予想が外れたっておかしくありません。

 

予防接種では感染を防げないかも…そうなったらどうすればいいか。

 

もはや「自然免疫」に頼るしかないのです。自然免疫はあらゆる抗原(異物)に初期対応する免疫です。つまり予防接種を受けたとしても、実際はインフルエンザの種類のせいで獲得免疫はあまり働いておらず実際は自然免疫のおかげで感染が防がれていることも十分あり得ます。自然免疫を高めるために普段から規則正しい生活をする、不必要に病原体に曝露しないこと(マスク、手洗い、うがいなど)が大事です。自然免疫が弱っているときはともかく、普段から自然免疫に負担をかけていると大物(=インフルエンザ)が来たときに跳ね返せなくなってしまいますからね。他にもストレスも免疫に影響があるそうなので息抜きを大事かも。

 

今年はワクチンが少ないようですが、皆さんは遠慮せずインフルエンザ対策をより強固なものにするために接種することをおすすめします。万一悔しくも感染してしまっても、獲得免疫が後から援護して症状を軽くしてくれるかもしれません。

2017年 12月 22日 僕のセンター対策

こんにちは。本科担任助手の中川浩輔です。今回は僕が受験生だった時のセンター対策について科目ごとに簡単にまとめたいと思います。もしかしたら需要ないかもしれませんが、短いので読んでみてください(笑)

 

国語

・1月に入ってから毎日追試過去問一年分

←本番難化した時に備えて、一般に本試より難易度が高いと言われている追試を解いていました。点数が出ないと凹むのであまりお勧めしませんが、前年の追試の形式が翌年の本試で採用されることがあるそうなので、最新年の追試は解いておいても良いかもしれません。

 

数学

・12月半ばから毎日一年分

←最初の方は本試の過去問を解いていました。点数が安定してきたところで東進のセンター模試の過去問(ご存知の方も多いかと思いますが、東進のセンター模試の数学は難しめです)を解き始めました。最初は思うように解けませんでしたが、回数をこなすうちに解くのがどんどんが速くなっていきました。形式に慣れることが意外と重要かなと思います。

 

英語

・特に対策せず

←英語は比較的得意で、他科目の二次対策にも時間を割きたかったので、英語のセンター対策はしませんでした。

 

日本史

・1月に入ってから文化史・戦後史の復習

←ここはみんな同じ感じかなと思います。

 

地理

・1月に入ってから過去問5.6年分くらい

←個人的にデータが古い問題はあまり解きたくなかったので、国語・数学・理科基礎に比べると過去問演習量は少なめです。ちなみに地理は本番最悪の出来でした。苦手意識は無かったのですが。。。

 

理科基礎

・12月に入ってから、参考書・問題集・過去問・模試問題を合わせて一日2時間ほど

←本番難化した時に大崩れしないようかなりしっかり対策しました。

 

大体こんな感じで、余った時間は二次試験の過去問を解いていました。論述力が落ちると嫌だったので(これくらいの期間やらなくてもそこまで落ちないかもしれませんが。。)

 

以上僕のセンター対策でした。参考になった点があれば幸いです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

2017年 12月 22日 気を付けること

ここにきて冷え込みも一層きつくなってきましたね。こんにちは!新宿校担任助手の山本です。

 

 

受験期のこの季節、絶対やってはいけない事ってなんですか?

 

 

体調を崩してしまうことだと僕は思います。

 

 

受験の要領もつかめてきて、尚且つ志望校との差も具体的に理解できだし、勉強への身の入り方も今までよりもずっといい。そんな一番浪人生の成績が伸びるであろう時期にコンディションが万全じゃなくて勉強に集中できないなんて本当にもったいないです。

 

 

インフルエンザで一週間勉強できない、風邪をひいて喉が痛くて鼻水がでて頭がボーっとする。だから集中できない。本当にもったいないですね。

 

 

これらの体調管理って各自の日頃の意識で大幅に改善できるはずです。

 

お風呂でしっかり温まって免疫力を高める。お風呂からあがったら髪の毛をしっかり乾かしてあったかい服をきて体を冷やさない。絶対に布団をかぶって寝る。こたつの中で寝ない。睡眠時間をきちんと確保する。なおかつバランスのとれた食事を目指す。喉を乾燥から守るために、部屋の湿度を高める工夫をする。

 

こういう生活の中で、毎日こういうことを少しずつ意識するだけで大幅に体調を崩す確率を軽減できるはずです。

 

 

受験のこの大切な時期に全力で爆走するために万全のコンディションを整える!

 

これは当然のことと言えば当然のことだけど実際にこれを実行するのは難しいですよね。勉強をやりたいのに思うようにできないというのは後悔が残りますよね、、、、

 

残された時間を最大限有効に使うためにもぜひ体調に気を付けて万全の状態で勉強を頑張って下さい!!

2017年 12月 11日 第5回センター試験本番レベル模試(最終) 受付終了のお知らせ

12月17日(日)実施[第5回センター試験本番レベル模試(最終)]

満席のため、新宿校大学受験本科での受付を終了いたします。

※12月11日(月)9:00までにお申込いただいた方は、受付完了しております。