6月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 2018年06月の記事一覧

2018年 6月 16日 受験英語の勉強方法

こんにちは。本科担任助手四年東大法学部の中川です。今回はおそらくほぼ全ての人が受験で使うであろう英語の勉強方法について書きたいと思います。

 

みなさんもある程度の時間を英語の勉強に割いていると思いますが、その目的の一つは言うまでもなく志望校合格に必要な得点を取る力をつけることですよね。では英語において志望校合格のために必要な力とはなんでしょうか。

 

当然一つではないですが、僕が最も重要だと思うのはリーディングの力です。多くの二次の問題でリスニングやライティングの力が要求されますが、自分が読めない速度で話されている英語の内容を理解することはできませんし、まして読めないものを書くことはできません。日本語での記述問題が出題されることもありますが、内容的に日本語でも理解できないほど難解なものは少なく、多くは英語が読めていれば解ける問題だと思います。そうなるとやはり二次の問題に太刀打ちするにはまず十分なリーディングの力をつけることが必要ということになってきます。

 

ではリーディングの力とはなんぞやということですが、僕は精読力速読力の二つだと思います。

 

精読力とは英文の意味を正しく理解する力のことですが、そのためには語彙、文法の知識複雑な文への慣れが必要です。

 

語彙、文法の知識については、皆さんが一冊は持っているであろう単語帳と文法問題集の内容をインプットして(経験則ですが、ここまではできるだけ短期間でやった方が良いと思います)、それ以外の学習で出てきた新しい知識をその都度覚えていって穴を埋める勉強法が良いと思います。それ用のノートを作って定期的に復習するのがオススメです。自分が知らないことに出会って、その場だけハッとして、本番には忘れてしまっているのでは話になりません。

 

また、複雑な文への慣れについてですが、これは真面目にたくさん英語を読むことに尽きると思います。語彙も文法もある程度押さえたのになぜか読めない文ってありますよね。そこですぐに和訳を見てしまっては学習効果が薄いです。自分の頭で考える時間をしっかりとって自分なりの解釈をしてから解説を読み、自分の思考プロセスと正しい考え方との間のギャップを埋めるためにはどうしたらよいか考える、という作業を繰り返すことで、複雑な文にも徐々に対応できるようになっていくと思います。ただ漫然と多読するのではなく、このように真面目に英語を読む経験を積み重ねることが大切です。

 

次に速読力についてですが、これを鍛える方法は色々あると思います(個人的には音読がオススメです。なぜ音読すると速読力がつくのかについては、参考になる記事がたくさんありますので、気になった方はご自分で調べてみてください)。自分に合ったやり方を見つけて勉強していただくのが一番良いと思いますので、ここでは誰でも抵抗なく簡単に始められそうなものを一つ紹介したいと思います。それは時間を計って英文を読むことです。「このくらいの分量だったら○分くらいで読めるな」と見当をつけて実際にタイマーをセットしてやってみてください。日々読むのが速くなっていることを実感できて自信にもなりますし、なにもせずに読むよりも負荷がかかりますので多分伸びも速いです。

 

まとめると、受験英語で合格に必要な点数を取るためにはまずリーディングの力が必要であり、リーディングの力とは精読力と速読力の二つになります。精読には語彙、文法の知識と複雑な文への慣れが大切であり、速読には時間を計って英文を読むことがオススメということでした。

 

みなさんのこれからの英語学習に今回書いた内容が少しでも活きれば幸いです。本番まであと約9ヶ月、頑張ってください。

2018年 6月 14日 「振り返り」と「逆算」

こんにちは、東京大学工学部4年の高橋です。

 

最近、かなり暑くなってきましたね。一方室内は涼しく寒暖の差が激しいので体調には気を付けてください。

 私も研究室生活がついに始まり、理系大学生らしい毎日を過ごしています。

 

 

さて、浪人生活も2ヶ月半が過ぎました。

まずは後ろを振り返って自分の歩いてきた道を確認してください。

 

4月に立てた計画通りに受講は進んでいますか?

高速基礎マスターは本当の意味で完全修得できていますか?

去年の自分より成長していますか?

 

 

 おそらく今みなさんは夏から過去問を解き始めるための基礎の勉強を集中してやっていると思います。

しかし、基礎とは言っても順調に勉強が進んでいる人は少ないのではないでしょうか。

 

予習復習が追いつかず、自分で立てた予定通りに勉強が終わらないと絶望している人。

勉強は一生懸命しているけど模試での得点になかなか結びつかない人。

4月には見えていなかった自分の問題点と向き合っている人

 

 

色んな人がいると思いますが、所詮そんなもんです。

もし、今の時点で完璧にできる実力があるのなら去年受かっています

 

たぶん7ヵ月後のセンター前日になっても、その後私立、国立二次試験前日になってもみなさんにはやらなきゃいけない勉強がたくさん残っているはずです。

実際僕自身もそうでした。

浪人したから、人よりもたくさん勉強したから、たくさん努力したから第一志望に受かるわけではありません。ただ、入試当日に周りの人よりも1点でも多くもぎ取り合格点に達するしかありません

 

定められたタイムリミットまでにどれだけ丁寧にどれだけたくさん積み上げていけるか、どれだけ理想に近づけられるか

 

このことを踏まえて前を向いてみてください。

自分の進むべき道、やるべきことは見えましたか?

これから志望大学別の模試が始まり、夏の終わりにはいよいよ過去問演習にも取り組んでいきます。

これからは今まで以上に「逆算」を意識してください。例えば…

 

入試本番では英語は点必要だから、秋の模試では点取らなきゃいけなくて、そのためには夏に□点必要。

夏に□点取るのに、今伸ばせるのはリスニングと文法だからこれを集中してやろう。

 

という風に逆算して具体化していくことで今自分の優先してやるべきことが見えてきます。

 

常にゴールを意識した勉強を心掛けてください。

 

それではまた!

(7,8月に僕がSHRをするのでぜひ来てください。大学の魅力をお伝え出来たらと思います)宣伝

2018年 6月 12日 受験勉強の視野領域

こんにちは、担任助手の上野です。

今回は、現在、私が研究で取り組んでいるテーマを絡めて、受験勉強における意識のポイントについて話したいと思います。

 

 

皆さんは視野について考えたことはありますか?

人間の視野は大きく2種類に分類できると言われています。

私たちが何か物を見る際、その視線の中心付近は中心視野領域と呼ばれています。

また、その周囲の領域は周辺視野領域と呼ばれています。

 

この2種類の視野の違いは何でしょう?

実は、これらはただ名前が違うだけではなく、それぞれに明確に異なる役割があります。

 

 

自分の部屋で単語帳を見ているときを想像してみてください。

視界の外側、壁の方で、

カサカサ…

と、いや~な動きが感じられたとき、あなたはどうしますか?

 

もちろん、その動きの主を確認しようと頭を振り向けるはずです。

その動作に、それぞれの視野領域の役割の違いが表れています。

 

視界の外側である周辺視野領域では、速度変化の知覚に優れています。

つまり、物の動きを感じとりやすいということです。

しかし、その代償として鮮明に物を知覚することはできません。

そのために中心視野領域があります。

視線の中心付近では、物を鮮明に見るために、色や形の判別に特化しています。

だから、周囲から迫る危険(いや~な動き)を察知し、即座に頭を動かし、なるべく視線の中央に物(動きの主)を持ってきて正体を確認しようとしたんですね。

ちなみに、これら二つの視野特性の違いは、光を感じるための2種類の細胞(光受容細胞)の分布によるものと言われています。

 

 

このように、人間の視野領域は「見る」ために、それぞれ2つの範囲で役割を分担し、相互に補っています。

 

これらの事実は、視野領域のみならず、受験勉強でも同じです。

ある科目・分野について、最終的に「試験本番で解けるようになる」という目的のためには、「英語における知識読解力」「数学における基礎応用など、複数の要因が必要です。

そして、その複数の要因は視野領域を同じく相互に補っているため、どちらかが欠けると目的を果たすことはできません

それぞれの要因を意識するだけではなく、その役割に合わせた勉強法が必要となってくることは言うまでもありませんね。

 

これらは、ごく当たり前の事実ではありますが、皆さんの普段の勉強はどうでしょうか?

目的を達成するための要因を分け、それを意識しながら勉強できていますか?

それぞれの要因の役割は分かっていますか?

 

 

勉強を進めていて、何をしているのか、何をすれば良いか分からないと感じたときに、視野を広げるためのきっかけになれば幸いです。

 

担任助手 上野貴大

2018年 6月 9日 自分の志が一番の支え

こんにちは。早稲田大学基幹理工学部4年の岡田です。

今回は一年間モチベーションを保つ方法について、私なりの考えを書きます。

いくつかありますが、今回はそのうちの一つです。

 

「第一志望合格の先」を考える

 

大学受験だけを見れば、第一志望合格がゴールです。

ですが大学に入ってその先どう生きていくかということの方が私は大切だと思います。

しかしながら受験生でここまで考えている人はなかなかいません。

 

そこで、もっと先のことを考えてみてはどうでしょう。

将来何がしたいのか、どんな自分になりたいのか。

 

今の時点で、明確な夢が見つからなくても大丈夫です。

アバウトでもいいので考えてみると良いと思います。

そうすれば、今やっている勉強に意味を見いだせて、モチベーションも保てるのではないでしょうか。

「今の勉強が将来に繋がっている」ということを実感できるからですね。

 

目の前の小さい目標ばかり追っていると、限界が来るかもしれません。

「周りが受験しているから・特にやりたいことないから、とりあえず大学受験」、という考えだと大学入学以降もそのような考えのまま過ごしてしまいます。

 

受験勉強を続けていくと苦しい時期はあると思います。

仲間の支えによって乗り越えられることもあるかもしれませんが、一番の支えは自分自身が決めた目標・強い意志です。

自分が第一志望に合格したい理由を今のうちに考え、それを心の軸にして勉強していくとブレずにやっていけると思います!

 

他にも色々な考えがあると思います。

1年間高いモチベーションで勉強できるように自分で工夫してみてください。

これを見て参考になる人がいれば幸いです。

 

岡田

12