12月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 2018年12月の記事一覧

2018年 12月 11日 今時期からのメンタルの保ち方~髙橋~

こんにちは、担任助手4年の髙橋です。

 

センターまで残り約1か月半ということでみなさん本気で勉強している最中だと思いますが、体調管理にも気を配ることを忘れないでください。

 

さて、今回は本番に向けてこの時期からのメンタルの保ち方について書きたいと思います。

 

まず、私自身についてですが受験生時代にはメンタルの保ち方を考えたことはありませんでした。楽観主義だったという自分の性格もあるのでしょうが、入試に対して現実的に向き合えていたというところが大きいのかもしれません。

 

以下のようなことを考える人は少なからずいるのではないでしょうか。

センターで思うように取れなかったらどうしよう。。

→こんなもしものことを今考える意味がありません!だったら1分1秒でも質の高い勉強をするべきです。まだセンターまで時間がある以上今からできることはたくさんあります。

 

東大二次で難しい数学の問題が出たらどうしよう。。

→これも考える意味がないですよね。出題される問いは受験者全員共通で自分が難しいと感じる問いは他の受験者も感じているはずです。入試本番で得意科目で満点を取ることが目標なのではなく、全教科で合格者最低定点(もちろん理想は合格者平均点レベル)を取ることが目標ですよね。本番までに自分の全科目での伸びしろを常に考え、それが大きいものから順に取り組み、精度を高める努力をするべきです!

 

 

悩みやすい人には冷たく聞こえるかもしれませんがそんなに間違ってはいないと思います。

受験までの残りの時間だけは他の受験者と平等です。

それを誰かに延々と相談することに使うのか、自分の抱える課題を見極め一つ一つつぶしていくことに使うのかは自分次第です!(相談自体が悪いと言っているのではなく、目的のない相談は得られるものが少ないという意味です)

 

少しだけ冷静になって今自分にできることは何なのか、今すべきことは何なのか考えて、行動してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2018年 12月 9日 今時期からのメンタルの保ち方~後岡~

こんにちは、東京工業大学3年の後岡です。

 

12月に入り、一段と寒くなってきました。

「体調管理も受験のうち」というように、みなさん風邪などには十分注意してください。

 

さて、今回も、メンタルシリーズでお送りしたいと思います。

 

私がどのようにメンタルを保っていたか。

簡単に言ってしまえば、ネガティブなことは一切考えず、ポジティブ一直線です。

 

ネガティブなことを考えるのは、時間の無駄です。自分の現状や勉強の方針を考えることはいいことです(ただし一度に長時間するのは禁物)。しかしマイナスなことをあれやこれやと考えるより、優先的にやることがあるはずです。

たしかに、模試などで悪い成績をとったり過去問演習で思うように点が取れなかったりすると、「受からないかも、、、」と考えてしまうのはわかります。しかしそのようなマイナスの状態で勉強するのはかなりの苦痛だと思います。「受からないかも、、、」と考えるなら、「受かるにはどうすればいいのか」という合格に向かう思考をしてください。その方がずっと有意義です。

 

また、私は常に、合格者の番号が記載されている掲示板の前でガッツポーズをする自分を想像していました。勝利のイメージを作ることはとても大事だと思います。そのイメージはポジティブ思考を促すだけでなくモチベーションも高めてくれるでしょう。

また軽いスポーツもいいと思います。毎日長時間勉強していたら体がなまってしまいます。30分ほどのジョギングをするだけで気分が晴れると思います。

 

どうしてもポジティブに切り替えられない人は、家族、先生、友達などだれでもいいから話すことをおすすめします。たとえそこで決定的なことが起こらなくても、少しは気持ちが楽になるはずです。

 

あとは笑うことを忘れずに。

笑顔は脳の活性化・ストレス発散・免疫力向上など、素晴らしい効果が目白押しです。暗い顔をするよりは少し笑っていた方が、人生面白くなると、私は信じています。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それではまた次回。

2018年 12月 7日 今時期からのメンタルの保ち方~青木~

担任助手の青木寧々です。東京大学教育学部に通う2年生です。

 

私からは「成績がギリギリの人向けメンタルの保ち方」をお話しします。

 

試験本番が近づき、過去問演習や模試の結果と目標との距離に悩んでいる方はいないでしょうか。

 私の大学受験は東大A判を一回も出せず(B判定は1回)、センター模試も750点以上取れないような、ギリギリというかほぼ博打のような受験でした。その中で以下の3つのことに気をつけメンタルを保ちました。

保ち方①行動と目的を明確にする

不安や焦りに苛まれると「負のループ」に陥ります。

目標との距離や時間のなさにうろたえる

何をしていいかわからなくなる

目的のわからない勉強をする

成績が上がらない/時間がなくなる

またうろたえる

成績がギリギリの人は良い人よりも効率的な勉強をして成績を伸ばさないといけません。そのために

❶1週間の勉強時間を1時間単位で事細かに考えて

❷担任や担任助手に確認してもらう

ことをお勧めします。「何をすればいいのかわからない」と悩む時間がなくなりますし、スタッフに確認することで効率的な勉強ができていると思いやすくなるからです。

保ち方②不安モードにならないように環境・体調を整える

 人は不安や焦りがあると集中力が散漫になりがちなので、視界に入るもの数を少なくするといいです。

❶今使うもの以外は全てカバンの中にしまう

❷模試のランキングなど他者の成績は極力見ないようにする

❸願書など雑務は速やかに終わらせる

ことをお勧めします。

保ち方③メンタルを保つことを諦める

 受験生は皆、成績の良し悪しに関わらず何かしらの不安を抱きそれなりに苦しんでいます。皆さんには、自分が不安で焦っていることに不安を感じ、自分で自分を追い込まないでほしいです。

 不安や焦りで少し時間を無駄にしてしまったたりしても、「しょうがなかった」と割り切って次の行動に移りましょう。失敗する時間は時には必要ですし、また歩き出せばいいんです。

 

 

 私の本番はボロボロでした。メンタルを保てずに面談で号泣したこともありました。でも「自分が東大に合格する」ことだけは、たとえ親戚が誰も信じてくれなくても、自分に言い聞かせていました。

 

 受験にかっこよさなんていらないと思います。というか人生にかっこよさなんていらないと思います。余裕でも、ギリギリでも、焦って泣いても、関係ないです。泥臭くいきましょう。応援しています。

 

担任助手 青木

2018年 12月 5日 今時期からのメンタルの保ち方~海谷~

こんにちは!担任助手1年の海谷です。

平成がもう終わってしまいますね。入試当日が近づくにつれて、不安や緊張を感じている人もいるのではないでしょうか。そこで、引き続いて私からも

入試を乗り切るためのメンタルの保ち方について書いていきたいと思います。

 

 

 

私自身も1年浪人したにも関わらず、落ちてしまったらどうしようと日々不安に思っていました。実のところ入試本番まで不安がおさまることはありませんでした。そのため、2次試験の前日はまったく眠れず、1年間で一番といってもいいほど体調がすぐれないなか入試を迎えてしまいました。

 

 

 

私もこういう経験をしたので、不安や緊張をなくすというのは入試が終わるまで不可能だと思います。そこで、大事なのは不安や緊張を勉強に生かすことです

 

 

 

具体的には、もしも入試本番で自分の苦手な分野がでてしまったらどうしようと不安になっているとしたら、私は徹底的にその分野を行い、これなら本番にでても大丈夫だろうと思えるぐらいまで勉強していました。勉強をすればするほど、自分の苦手なところが見つかり不安に思うかもしれませんが、一個一個苦手をなくしていき不安を取り除いていきました。しかし、これが入試にでたら嫌だなという気持ちは入試本番までなくならないと思います。その時は、まあ1年余計に勉強しているのだから自分が解けなかったら、現役生もどうせとけないだろうと考えていました。

 

 

 

 

また、不安や緊張に駆り立てられて、夜遅くまで勉強しなきゃ・寝る間を惜しんで勉強しなきゃと思うかもしれません。しかし、やりすぎは禁物です。その日勉強量を増やしたとしても、次の日の勉強中に寝てしまったり、集中できなかったりしたら、身もふたもありません。不安に思うかもしれませんが、次の日に影響がでないようにきちんと睡眠や休息をとった方が良いと思います。

 

 

 

入試が近づくにつれて不安に感じるかもしれませんが、その不安を力にすることが受験において大切だと思います。

体調に気をつけながらも、最後まで頑張ってください!

2018年 12月 3日 今時期からのメンタルの保ち方~大下~

こんにちは。東京農工大学農学部3年の大下です。11月が終わり、12月になろうとしています。早いもので今年もあと少しですね。

 

さて、受験生の皆さんは1月のセンター試験本番や2月頃の私立受験に向けて焦りを感じ始める人もいるのではないでしょうか?もしかしたら、もう焦りや不安から勉強に手が付かない…って人もいるかもしれません。

 

今回は本番直前の焦りや不安をどのように対処していたかについてお話します!

 

結論から言ってしまえば、勉強して自信を付けることが一番の対処法だと思います。

 

勉強に対する焦りや不安は勉強をすることでしか根本的な解決は難しいと思います。「自分はこれだけのことをやってきた」、「あの時できなかったことが今はできるようになっている」といった積み重ねが自信となり本番に力を発揮します。

 

当然といえば当然ですが、意外とこの発想を持っている人は少ないのではないかと感じます。

 

そして、この時期によく相談される内容が「勉強すればいいのは分かるけど、やることがありすぎて何をすればいいか分からない!」ということです。

 

どんなに焦っていても、どんなに不安が募っても冷静さは大切にしましょう!今までの模試や過去問、日ごろの学習内容を冷静に分析して合格に向けた計画をしっかり立ててみるとよいです。この時、頭の中だけで考えずに紙に書き起こして整理してみたほうが自分の計画を客観的に評価できると思います。また、学習内容に優先順位を付けることも非常に大切です。やりことがありすぎると感じる場合はその中でも何に力を注ぐべきなのかを考えてみましょう。

 

合格に繋がる計画が立てられていれば、学習内容は明確となり、自ずと不安は取り除かれると思います。

 

もちろん、感情はここで書いたほど簡単にコントロールできるものではないと思います。どうしても自分1人でメンタルがコントロールできない場合は担任の先生や担任助手の先生に相談してみてください。他人に話すことで感情が整理されることもあると思います!

 

上記の内容で皆さんの役に立つことがあれば幸いです。

 

本日のブログはここまでです。最後まで読んでくださりありがとうございました。