8月 | 2020 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 2020年08月の記事一覧

2020年 8月 17日 両親への感謝

こんにちは!早稲田大学教育学部1年上江洲です!

今回は両親への感謝をテーマにブログを書いていこうと思います。

 

浪人生活も4か月を過ぎ、そろそろ疲れがたまってくる頃だと思います。そうなってくると「今日はだるいから休もう」「まだ時間あるから勉強しなくていいや」というような思いが芽生えやすくなります。そこで私が皆さんに考えてほしいことは、両親が自分のためにどれだけのサポートを施してくれているか、ということです。

 

皆さんは浪人生の年間の費用というものはご存じでしょうか?

予備校代や受験料などを合わせると100万円近い費用が掛かっているのです。

そんな大金を自分のために投資してくれるなんて、とても恵まれていることなんです!

毎日東進に来て勉強できていることが、当たり前で普通のことでは決してないということを覚えといてください!

 

また、金銭的なサポートはもちろん、皆さんが毎日勉強に専念できているのもお母さんとお父さんが支えてくれているからですよね。皆さんの合格を心から願っているからこそ、そのようなサポートをしてくれているのです。

 

私の話になりますが、第一志望である早稲田大学に合格した時、両親は自分以上に喜んでくれました。その光景を見て本当に1年間頑張って良かったと思いました。

 

これから直前期にかけて、さらに辛い日が訪れると思います。その時には、サポートしてくれている両親のことを考え、恩返しの意味を込めて合格をつかみ取りましょう!

 

あと半年、後悔の無いように精一杯頑張ってください!

 

2020年 8月 17日 浪人生の読書の意義

こんにちは!担任助手1年の長谷です!

 

私は暑いのが苦手なため、眩暈がするような暑さに打ちひしがれています。笑

 

前回のブログでは、学部についてと受かっている浪人生の共通点について書きましたが、今回は私が浪人生時代に読んだ本の中で面白いと思ったものを紹介します。

 

今回紹介するのは「若い読者のための哲学史」という本です!!

この本は古い時代から現代にかけて様々な哲学者を紹介していくことで哲学史の流れが分かる本でした。世界史を勉強しているので、表面的な哲学者についての知識は持っていますが中身を理解していない(倫理の授業を寝ていたことを後悔した)のでこの本を読んでみることにしました。その中で興味を持った哲学者を紹介していきます。

 

ジョン・ロールズ』という哲学者です!!

 

この哲学者は20世紀の人物なので知っている人も多いのではないでしょうか。またロールズが考えた『正義論』はマイケル・サンデルやウィルキムリッカなどの今日活躍している哲学者にも強い影響を与えています。

ロールズはすべての人々がより平等の富を与えられる状況を理想としており、裕福である人々は、たまたま運動能力が高いか知能が高かっただけで、つまるところそれはくじ引きで当たりを引いたにすぎないと考えていた。人よりも運がいいことを理由に人より、より多くを与えられることにはならないとした。

この問題は資本主義社会にいきる私達が最も現実的に直面している哲学的問題ではないでしょうか。私は不自由を感じる環境ではない中で育ったため、良い社会を考えるとき、自分自身の立場から偏見やバイアスがかかった状態で考えてしまいます。これは自然なことであり、誰もが人よりも自分のことを優先してしまうからです。自分の立場からしか物事を見るのではなく様々な視点で考えられる大人になりたいと思いました。

 

自問自答がたくさんできる浪人生の間に多くの本を読めたことはすごく良い経験だったなと私は思うので、是非興味のある分野の本を読んでみてください!!

 

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

2020年 8月 17日 【満席締切】 第2回東大本番レベル模試(8/30)

8月30日(日)実施[第2回東大本番レベル模試]は満席となりました。

申込受付を締め切らせていただきました。

2020年 8月 10日 浪人して良かったこと

皆さんこんにちは!担任助手1年の手島です。

今回は僕が浪人して良かったと感じていることを書いていこうと思います。

 

まず1つ目は成功体験を手にできたということです。

志望校に合格するまで、本当に自分に自信が持てなくて、超がつくほどのネガティヴな人でした。でも、第一志望合格という事実のおかげで、少しはポジティヴになれたのでは…?と感じています。確かに浪人期間は精神的にとても厳しい時期ですが、この先の人生で、浪人期間より辛い時期はたくさんあると思います。そんな時に「あのときもやれたんだから、頑張ればきっとうまく行く」そう思えるような成功体験を手に入れられたのはとても大きいと思います。

 

2つ目は「迷った時は辛い道を選ぶべきだ」と思うようになったことです。

高3の時、受験期間が始まる前から、志望校に受からなかったら浪人すると決めていました。ですが、同じように受験して落ちた高校の友達が、みんな受かったところに行くという選択をしたので、本当に浪人するべきだろうかと迷いました。浪人が辛い道であることはわかりきっていたので、自分で決めていた道から逃げるか悩みました。

最終的に浪人を決意したから今があります。一年越しの第一志望合格は、浪人の辛さを遥かに超えるうれしさがあります。だから、「あのとき辛い道を選んで良かった」と胸を張って言えます。

 

もう気付いた人もいるかもしれません。

この2つは、第一志望に(少なくとも現役時より志望順位が高いところに)合格しないと感じられないものです。受験が終わった時に「頑張ったこと」が評価されるのは現役生だけ。浪人生は志望校に合格するためだけに浪人しているはずです。それ自体が目的ではなく、合格するための努力を積んでいきましょう!

2020年 8月 10日 【満席締切】 第3回共通テスト本番レベル模試(8/23)

8月23日(日)実施[第3回共通テスト本番レベル模試]は満席となりました。

申込受付を締め切らせていただきます。