校舎の様子 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール 新宿校 大学受験本科 校舎長 古岩井

東進ハイスクール新宿校 大学受験本科の古岩井と申します。新宿校 大学受験本科は、東進ハイスクール初めての本科生専用校舎として開校いたしました。
現役時に志望校合格を果たせなかった生徒が、再び一年間努力し続けることは並大抵のことではありません。しかし、自分の将来を見据えて夢や志を持ち、志望校をともにする仲間と切磋琢磨する日々は、苦しくも充実したものとなります。
東進ハイスクールでは、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ことを教育目標としております。一年間、自分をコントロールしながら将来に向け志望校合格のため努力する生徒は、まさに人財といえる存在といえます。生徒が自分の可能性に期待し、日本や世界で活躍できるようこの受験期を過ごしてほしいと思います。
また、同じ環境で受験期を過ごし、志望校合格した先輩があなたの伴走者となります。是非一緒に充実した一年間を歩んでいきましょう。お待ちしております。

 

担任助手の紹介

蓮池 創太郎 くん 東京大学 法学部
真和高等学校 卒
担任助手として一言
こうやれば合格するという万能薬はありません。自分を知り、何が必要なのかを自分の頭で考えて、合格を掴み取ってください。この環境を用意してくださった保護者の方に感謝をし、精一杯の努力をしましょう。担任助手として皆さんを全力サポートしていきます。
石塚 麻鈴 さん 東京慈恵会医科大学 医学部
青雲高等学校 卒
担任助手として一言
私は生物が好きで医師を志しました。将来は患者さんと信頼関係を築ける人望のある医師になりたいと思っています。浪人は決して一人では乗り越えることが出来ません。家族や仲間、そして我々担任助手を存分に頼って、共に闘いましょう。
大類 基哉 くん 慶應義塾大学 法学部
宝仙学園高等学校 卒
担任助手として一言
本科の1年は、その時間全てを受験のために使えるという特殊かつ貴重な時間です。その中で皆さんは、試行錯誤をしながら合格に近づいていきます。

→もっと見る

海谷 昂平 くん 東京大学 経済学部
海城高等学校 卒
担任助手として一言
本科での1年は、自分と向き合う1年間です。自分を客観的に分析し、弱点をとことんなくしていくことが大切です。1年間全力でサポートするので、志望校合格に向けて頑張っていきましょう!
佐々木 悠紀子 さん 早稲田大学 政治経済学部
青森南高等学校 卒
担任助手として一言
1年という期間は長いようであっという間の期間です。平等に与えられている時間をどれだけ有効に使えるかが受験の鍵になると思います。そのサポートを全力でしますので、志望校合格に向けて一緒に頑張りましょう!
三村 歩 くん 杏林大学 医学部
佐倉高等学校 卒
担任助手として一言
浪人生は現役時代の反省から「あれもこれもやらなきゃ」と思いがちです。私もそうでした。主観的な苦手分野だけでなく、模試や添削を活用して客観的に自分の足りない部分を見つけて学習につなげましょう。行き詰ったら気軽に相談して下さい!
青木 寧々 さん 東京大学 教育学部
桜蔭高等学校 卒
担任助手として一言
どんなに努力しても合格する確証は誰にもありません。そんな不安に打ち勝ち、着実に分析のもとで努力し続けた人が合格します。皆さんが来春素晴らしい大学生活を迎えられるように全力でサポートします。
高橋 潤 くん 慶應義塾大学 商学部
松本県ヶ丘高等学校 卒
担任助手として一言
1年間の本科生活は自分の将来を立ち止まって考えられる良い機会だと思います。明確な目標に一歩一歩着実に近づいて行って下さい。皆さんが全力でサポートしますので、一緒に頑張りましょう!
三瓶 啓吾 くん 早稲田大学 国際教養学部
京華高等学校 卒
担任助手として一言
合格するには何が必要かを考えながら、毎日コツコツ勉強していけば成果は付いてくるはずです。日々自分を分析しながら、1年間頑張りましょう!私たちも皆さんを精一杯サポートします!
野原 大雅 くん 東京大学 工学部
渋谷教育学園幕張高等学校 卒
担任助手として一言
現在私は研究の基礎となるものを幅広く学び、充実しています。本科生時代は数学・物理が得意だったので、気軽に質問に来て下さい。一緒に頑張りましょう!
下崎 鈴惟 さん 早稲田大学 法学部
日本大学第一高等学校 卒
担任助手として一言
本科生にとって大切なことは、同じミスを繰り返さないことです。現役生の頃の反省を生かして、悔いのない1年間を過ごしましょう!第一志望校に合格するべく、一緒に頑張っていきましょう!
長谷 紘之 くん 慶應義塾大学 法学部
本郷高等学校 卒
担任助手として一言
本科生の1年間は、社会から孤立していることを感じることもあると思います。しかし振り返ってみれば、実り多き1年でした。皆さんの1年間が豊かになるよう、サポートします。
後岡 健太郎 くん 東京工業大学 生命理工学院
川越高等学校 卒
担任助手として一言
何も考えずに目の前のことをやるのではなく、それを何のためにやっているのか、考えながら勉強することが合格出来るかどうかの鍵だと考えています。担任助手として、皆さんの力になれるよう全力でサポートします。
上江洲 由将 くん 早稲田大学 教育学部
駒場学園高等学校 卒
担任助手として一言
浪人生はとても多くの人のサポートを受けます。生活を支え弁当を作ってくれる両親、相談に乗ってくれる担任の先生等、そうした人に感謝を伝える意味も込めて、合格を勝ち取りましょう!私も担任助手として精一杯のサポートします!一緒に頑張りましょう!
手島 潤哉 くん 東京大学 文科一類
桐光学園高等学校 卒
担任助手として一言
浪人期間は精神的にとてもキツい1年です。皆さんの不安や悩みの解決に少しでも役に立てるよう頑張ります!一番寄り添える担任助手を目指します。宜しくお願いします!
稲田 海 くん 早稲田大学 商学部
西武学園文理高等学校 卒
担任助手として一言
本科生の1年間はあっという間に過ぎてしまいます。ただひたすらに勉強するのではなく、どうしたら学力が伸びるのか、しっかり考えて学習していくことが大切です。私たちも全力でサポートしますので、一緒に頑張りましょう。
志波 麟太郎 くん 早稲田大学 社会科学部
実践学園高等学校 卒
担任助手として一言
私は現在、経営・教育・国際関係の3つの分野に興味を持ち、将来的に進みたいと考えています。その機会となった浪人生活は一生の中から見たらほんの僅かな時間です。大チャンスだと思って全力で頑張りましょう!