ライブ授業紹介⑥-1 東大物理 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2018年 9月 14日 ライブ授業紹介⑥-1 東大物理

苑田尚之先生の[本科東大物理]紹介

 

こんにちは、東京大学理科一類一年の野原大雅です。

今回は苑田先生の[本科東大物理]について紹介したいと思います。

まず、授業名に“東大”とありますが東大志望でなくてもお勧めできる講座です!

この授業は、20コマの通期講座と10コマの講習講座からなる授業です。最初の通期20コマでは、単元ごとに演習し先生の解説授業を受けます。その後、講習10コマでは、東大形式の力学・電磁気・波動または熱力学または原子の総合演習で、先生の解説授業を受けます。この授業は苑田先生の映像授業を受講している人が対象となっています。コンセプトは映像授業を受講して物理学に対する基本的な取り組み方を学んだ生徒が、この授業で復習も兼ねて大学受験の難しい問題への本質的な取り組み方を学び演習を積む、というものになっています。

苑田先生の授業を受けたことがある、または受けたいと思っている方はわかると思いますが、先生の授業を一度受けただけで習得するというのは難しいです。映像授業を受けてある程度できるようになってからこのライブ授業を受けると、今までの甘さを知ることもあり、もう一度新鮮な気持ちで物理への取り組み方を確認することができます。それを繰り返していくと、どんな問題にも柔軟に対応できるようになっていくと思います。

ライブ授業ですので、映像授業とは違い問題を解いている間先生が見に来てくれます。演習後、解説をする前に指針に対するアドバイスをくれたり、出来が悪いと基礎からやってくれることもあります。

大学受験の物理で高得点を取るためには、大学受験レベルの物理を根本的に理解し、それをもとに演習を積み、解くスピードを上げることが大切です。この講座はその[演習]部分に最適だと思います。復習も先生の考え方がわかるので、とても理解が深まります。復習をする度に新たな発見があるので、受けることができる人は積極的にこの講座を取り、たくさん復習をして物理で周りに差をつけちゃいましょう!

担任助手 野原大雅