ブログ | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 

2019年 5月 27日 モチベーションの維持と向上

東京大学文科三類一年の佐藤大河です。

 

今回は自分がどのように浪人中にモチベーションを保っていた、または向上させていたのかということについて紹介させていただきます。

 

自分の場合、モチベーションの維持または向上の方法は主に三つでした。

 

まず一つ目は、東大に入ったら自分はどういうことをしたいのかということを具体的に想像することでした。実際に勉強をする意欲が低下した時期には、東大のホームページや進振りのサイトなどを閲覧して、後期課程はどの学部に進もうか、などということ考えて勉強に対する意欲を回復させていました。例えば、文学部や教育学部への進学が多い文科三類から理転して工学部に進んだとしたら、異端っぽくてカッコいいなあなんて妄想に浸ったり、工学部の計数工学科ではどのような授業が展開されるのかということについて調べたりして、東大に入りたいという欲求を強くしていったような気がします。

 

二つ目は、模試で目標とする結果を目指すことでした。実際に模試で満足のいかない結果が出たとしても、目標に辿り着きたいという意志があったので、どこをどのように改善すれば目標に近づけるのだろうという風に考えて勉強していたため、目標への渇望は自分にとって勉強する上で大きな推進力となっていたように思われます。

 

三つ目は、ライブ授業を活用することでした。例えば東大世界史では、講義内容に基づいて東大の過去問の解答を自分で作成してくることが課題として課されていた回がありました。自分で作成してきた解答は荒巻先生によるチェックが入るため、いいかげんなことは決して書けないと思って取り組んでいたので、自然と意欲が向上していたように思います。

 

以上のように私はモチベーションを維持または向上していました。多少なりともお役に立てれば幸いです。

 

2019年 5月 26日 浪人生のモチベーション

担任助手3年の青木です。早いもので新学年がスタートして2ヶ月が経ちました。今時期は多くの人が、疲れが溜まったりモチベーションが下がったりしやすい時期です。

 

私自身の経験や考えに基づいてしまうのですが、モチベーションが下がった時の対処

・どういうときにどうして下がってしまうのか考えること

・勉強をやめる選択肢を考えること

をお話しします。

 

どういうときにどうして下がってしまうのか考えること

例えば模試の結果が悪くて落ち込みモチベーションが下がる人もいれば、良くてやる気が下がってしまう人もいるようにモチベーションが下がる理由は人それぞれですので自分自身の原因を考えてほしいです。

 

理由が人それぞれであれば対処法も様々だと思います。ここからは私のとった対処法をお話ししますので参考程度に見てください。

 

勉強をやめる選択肢を考えること

私は現役生の時から、自分は大学受験をして東大に入る道しかない、それ以外は嫌だ!!!というやや感情的な意志で勉強していました。論理的根拠がなく、その意志が揺らいでしまったことがモチベーションが下がった原因でした。

 

もうしんどい、やめたいと思っていた時、自分の将来の夢を考え大学受験をやめる親戚を見たのをきっかけに、大学受験をする必要があるのか、大学受験をやめたら自分の人生にどういうメリット/デメリットがあるのかなど考えるようになりました。その結果私は大学受験をして東大に合格する必要があると感じられるようになり、今に至りました。

 

浪人生の時以上に、大学生や社会人は就活や試験といった人生を左右する出来事が増えます。今のうちにモチベーションについて悩み考え自分なりに対処することは受験結果含め将来に大きくプラスになりますので悩んでも不安に思う必要はないです。

皆さんにとってこの一年が、自分に向き合い続けられる一年になることを願います。

担任助手3年 青木寧々

2019年 5月 24日 結果より過程が大切?

こんにちは!

今日は東京大学教養学部教養学科(PEAK)国際日本研究コース4年吉川真希が担当させていただきます。

今回は、自己紹介も兼ねて私の過去の経験をもとに、志望校合格を目標に毎日勉強に励む皆さんに向けて、私自身の考えをお話しさせていただこうと思います。

 

 

突然ですが、みなさんは、結果と過程どちらが大切だと思いますか?

個人的な話をさせていただくと、わたしは幼い頃かなりの負けず嫌いで、勝負事はなんでも一番を取らないと気が済まず、かけっこで転んで一番を逃したり、ピアノのコンクールで一番の賞を逃したりして、よく悔しくて泣いていました。その度に、両親や先生は私に言いました。「大切なのは結果よりここに至る過程だよ」と。

小さい頃は従順にその言葉を信じていましたが、中学生になり部活で陸上(長距離)を始めてからは元来の負けず嫌いに磨きがかかり、「結果が全てじゃない」と何度言われても「結果を出さなきゃ意味がない」と思っていました。

 

しかし「全国に行けなかったら精神が崩壊するのではないか」と思うほど全てをかけて臨んだ全国大会出場を掛けたレースで出場を逃したとき、なぜか清々しい気持ちだったのです。「自分にできることは全てやったししょうがないか」と初めて過程に意義を見出すことができた瞬間でした。あれほど辛かったはずの練習も今では不思議と楽しかった記憶でしかありません。

では、私は結果より過程が大切だと思っているかというと、そうではありません。貪欲に結果を求めてでき得る全てのことをするからこそ、終わったときに初めて救いになる、所詮結果論だと思っています。結果も出ていないときに過程に意味をもたせてしまうのはやるべきことをできていない自分への甘えだとも思います。

(話が若干ずれますがわたしがそのとき精神が崩壊しなかった理由として、結果のその先にある駅伝で二年連続全国大会出場という目標が見えていたことも大いに関係していると思います。)

 

ですから受験生の皆さんには、ぜひ結果にこだわって勉強してほしいと思います。絶対に第一志望に合格してやる、という強い気持ちを持って(そしてその先も見据えて)自分にできる全てのことをしてほしいです。合格発表の日に笑っていられるような一年にしてください。

 

私自身の話が長くなってしまいましたが、このブログが皆さんの力になることができたら嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

2019年 5月 22日 自分のモチベーションの上げ方

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

正直通じないのでそろそろ阿波弁を直そうか迷っている天羽淳椰です。

でも直しません(笑)

誇りをもって使わせていただきます。

今年、早稲田大学教育学部理学科地球科学専修に入学しました。

 

皆さんは浪人生活を始めてそろそろ2ヶ月といったところでしょうか。

 

勉強は順調ですか?

4月当初から比べるといい感じに進んでいますか?

 

浪人生で1年間という時間があるので、その時間をフルに使うのは理想ですが、なかなか厳しいこともあると思います。

自分は浪人生のころ、やはり息抜きが必要だったので、結構日曜日は自分の家でいたり、出かけていたりしました。

それが自分にとって一番の選択であったとはあまり思いませんが、やはり振り返ってみると、浪人生活においてなくてはならないことだったと思います。

 

具体的に何をしていたのかというと、

 

家では寝ていました。

特にこだわりはありません。

一週間の疲れを残さないように全力で寝ていました。

 

寝る話はさておき、日曜日の過ごし方で自分がよかったなあと思うのは、やはり遊びに出かけたことです。

浪人生なのに遊ぶなよって思う方もいらっしゃるでしょうが、何もやみくもに遊んでいたわけではありません。

僕は高校まで徳島でいたので、東京に来て遊ぶ友達はほとんどいませんでした。浪人時代は一回だけ友達とご飯に行っただけです。

 

じゃあ一人で遊んでいたのかというとそうでもありません。親にいろいろなところに連れて行ってもらいました。

具体的にどこに行ったかを今回は1つ紹介したいと思います。

 

1つ目は、お台場にあるチームラボボーダレスです。名前の通り、境界のない、つまり、行き止まりのないアート作品があります。作品の詳細は割愛させてもらいますが、自分はそこに行って何を思ったのかというと、

 

なぜ、この作品は、こんなにも自分そしてみんなを感動させるものなのだろう。

この感動は作者に仕組まれたものなのだろうか。

 

と感じたのです。あまりにもすごすぎて、この人を魅了するすごさには科学的根拠があるのか、何が人を魅了するのかという疑問に達しました。会場で代表取締役の猪子さんを探したくらいです(笑)

そんなこんなで、僕は脳の仕組みや人の心理に興味を持ちました。

 

そこで、自分は志望校を東京工業大学生命理工学院に変更しました。

その目標はかないませんでしたが(笑)

でもそれでもある程度納得するところへ行けたことは高い志とモチベーションをもって取り組んでいけたからだと思います。

 

皆さんもやる気を出したいときに、自分のモチベーションが上がる所や自分の興味のある所へ行ってみてはどうでしょうか。

 

少し長くなりましたが、ご精読ありがとうございました。

 

2019年 5月 21日 オンとオフの切り替え

こんにちは。東京大学2年の蓮池です。今回は生徒時代どうモチベーションを維持したかについて僕なりの方法を書きたいと思います。

 

その前に。そもそもなんなくモチベーションを維持できる人となかなかできない人がいます。僕はどちらかというと前者だったので、あまりモチベーションのことで悩むことはありませんでしたが、実際に自分の生活を振り返ると、意識せずモチベーションを維持する工夫をしていたのかなと思います。

 

それは、勉強をしすぎない、ということです。

 

僕はオンとオフをきっちり切り替える、ということを意識していました。東進にいるときは集中して勉強する。そして下校したら勉強はしない。休日も運動したり本を読んだりして勉強しない。模試前とか入試直前とかは必ずしもこの通りではありませんでしたが、基本的にこのスタイルを貫きました。僕がこうしたのは、以下の理由によります。

 

1人間の集中力なんてそんなに続かないから。

2ちゃんと脳を休めないと勉強効率が落ちるから。

3勉強をもっと好きになるため。

 

1つ目について。人間はコンピュータではないのでずっと集中して良いパフォーマンスを維持するなんてことはできません。どのくらい集中力が続くか、というのは人によるとは思いますが、少なくとも僕は6~7時間くらいしか集中力が続きませんでした。惰性で勉強してもそこで得られるものはほとんどないなと感じました。

 

そこで、2つ目。別にマイナスにならないのなら惰性で勉強しても良いのでは、となりますが、僕は実際マイナスになると感じました。気分転換をして睡眠をしっかりとらないと次の日の勉強の質があまりよくありませんでした。集中力もそんなに続きませんでした。勉強効率が落ちて時間だけが伸びる。そしてまた効率がおちて時間が伸びる。こういった負のスパイラルに陥ってはいけません。

 

3つ目。僕は割と受験勉強が好きでしたし、今でも割と好きです。受験の世界史(特に東大)は実は深いし、単なる暗記で終わる科目ではありません。1990年代などの骨のある大論述が好きで、それを書くために色々本を読みました。アカデミアの世界で活躍されている大学の先生方がよく練って出題される入試問題は、無機的にドリルをゴリゴリやって解けるものではありません(解けてしまう問題がないとは言いませんが)。やはり沢山本を読んだり、専門書をかじってみたりすることで、問いの面白さに気付いたり、知らなかった常識に出会えたりします。

 

結局、勉強が好きでないとモチベーションを維持するのは難しいと思います。教科書や参考書から離れることで、より勉強が好きになったりするものです。

 

長くなりましたが以上になります。最後までお付き合いくださりありがとうございました。