ライブ授業紹介⑥-2 東大物理 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2018年 9月 16日 ライブ授業紹介⑥-2 東大物理

苑田尚之先生の[本科東大物理]紹介

こんにちは。東京大学理科一類2年の松澤です。

 

今回のブログでは、新宿校で行われるライブ授業の1つである、本科東大物理について紹介をします。この講座については、以前の野原担任助手のブログでも紹介されているので、是非そちらの方も参照してみてください。

 

以前のブログでも書かれている通り、この講座は普段の映像授業でインプットした物理の知識や考え方を正確にアウトプットできるかを試すのにもってこいの講座となっております。この講座の授業形式は、前半で演習問題を解き後半で先生がその解説を行うといったもので、5,6月の早い段階から制限時間を設けて初見の問題を解くというかなり実践的な演習を積んでいくことができます。

扱う問題のレベルは難関大さながらのレベルで、まだまだ基礎が固まりきらない時期からそのような問題を解くのは正直な話非常にハードです。

 

しかし、これこそが浪人生の強みでもあるのです。部活や学校の行事が忙しくまとまった勉強時間が取りづらい現役生には、この講座のようなハイレベルな演習を積む機会がなかなか得られないでしょう。入試本番までまだ時間がある時期から問題演習に時間を割くことができるのは、最終的な合否に非常に有利に働くのではないでしょうか。

 

現在の自分の実力の無さ、入試本番で求められるレベルの高さ、難しい問題であれ基礎の積み重ねによって解けるという実感、これらを認識することができ、より自らの成長につなげていけるのが、この本科東大物理という講座です。難関大志望で物理を選択する人、物理を得意科目にしたい人には、受講を強くおすすめします。

 

それではまた次のブログで。

 

担任助手2年 松澤創一郎