ライブ授業紹介⑨ 東大日本史 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2018年 9月 22日 ライブ授業紹介⑨ 東大日本史

井之上先生の[本科東大日本史]紹介

こんにちは!東京大学文科2類1年の海谷昂平です。本日は、井之上先生の東大日本史の授業を紹介しようと思います。

 

授業は、先生の質問に生徒が答えるという形式で授業が進みます。この質問は単なる一問一答的なものではなく、「なぜこの事件が起こったのか?」というように、日本史の核に迫る質問が主です。井之上先生の質問を通して、日本史の横や縦のつながりを意識することができるようになり、日本史の本質をより理解できるようになりました。自分で日本史を勉強する時でも、「なぜこの事が起きたのだろうか」といったことを意識するようになり、単なる一問一答の暗記ではなくなったため、用語などを忘れなくなり、日本史の勉強効率が一段と上がるようになりました。

 

さらに、この授業を通して多角的な視点を持てるようになりました。一つの物事を経済史や政治史、文化史などの様々な観点から考えるようになったため、「何かが起こるときには様々な要因が絡んでいる」ということが鮮明になりました。そして、このことを他の教科にも適用することで、全体的な学力をあげることができました。

 

毎回の授業の最後に、東大の過去問を解きます。時間制限を設けて解くので、本番のような緊張感を体感することができます。さらに、記述の仕方を学ぶことができるので、自分で過去問を解くよりも数倍得るものが多いです。

 

私自身、井之上先生の授業のおかげで日本史の本質を理解できるようになったと思います。皆さんにもぜひ受けて頂きたいです。