今時期からのメンタルの保ち方~下崎~ | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2018年 11月 29日 今時期からのメンタルの保ち方~下崎~

こんにちは!担任助手1年の下崎です。

2018年も残りわずかになってきましたね。入試が近づくにつれ、不安や緊張感を抱いている方も多いのではないでしょうか。そこで私からも引き続き、今の時期からのメンタルの保ち方について書いていきたいと思います。

 

私が実際に浪人時代に精神面でやっていたことは

できるだけプラス思考でいることです。しかし、楽観的というわけではありません!

 

 私は、自身の現役生時代の失敗要因の一つは精神の弱さであると考えていました。そこで浪人時代はその点を意識して過ごしました。

 

 例えば、模試の結果が悪かったとき、当日は分析を通して自分の欠点を把握し、翌日からは次回の模試で結果を出すためにはなにをすればいいのかを前向きに考えるようにしました。もちろん、反省するのは大事ですが、落ち込んで勉強のやる気をなくしてしまうのは時間がもったいないです。しかしながら、ここで注意したいのが模試の結果が良かった際、自分の実力を過信してはならないということです。その次の模試などで見直しがなおざりになり、解ける問題でも落としてしまいかねません。冷静に分析をし、成功要因もしっかり考えて次につながるようにしましょう!

 

 もう一つやっていたことは

志望校に合格した自分を想像することです。どんなに前向きに考えようと努めていても入試が近づくと、「また失敗したらどうしよう」などの不安がどうしても募ってきます。

そこで私は早慶に合格したらどんなサークルに入って、どんなことをしたいかなどを大学のパンフレットを見ながら考えるようにしました。憧れのキャンパスで楽しく過ごしている自分を想像すると勉強のやる気も上がっていきました。

 

 受験生の多くが不安や緊張感を抱いていると思います。努力するほどそういった感情は高まっていくでしょう。しかし、1番大切なことはそういった感情を自分で克服することです。入試本番はいつも以上に緊張してしまいます。普段通り冷静に問題を解くには自分で緊張感を対処しなければいけません。

 受験は自分との戦いでもあります。入試本番までまだまだやるべきことは沢山あると思います。最後の最後まで頑張ってください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。