向き合う相手 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2021年 1月 14日 向き合う相手

こんにちは。担任助手一年の佐々木です。

1月になり共通テストまで残り少なくなってきましたね。今年は例年とはだいぶ状況が異なり不安も大きいかもしれませんが、体調管理などは大丈夫ですか?

今回は私の受験期の悩みとそれをどのように乗り越えたかをお話ししたいと思います。

 

私は現役の時から本番に弱いのが悩みでした。試験本番は会場や周りの人などが変わり、周りの人が全員自分より賢そうに感じてしまい会場の雰囲気にのまれてしまうのです。そして私は自分でも気づかないうちに極度の緊張状態になってしまいます。

現役の時は自分に「本番につよいから大丈夫」と何度も言いきかせて受験をしましたが、試験終了の時にはいつも手が震えていました。その体験のせいで浪人の時に模試でいい成績をとっても本番に近づくにつれて「やはり試験当日はまた緊張して実力を出し切れず失敗してしまうのではないか」と思い勉強していても頭の片隅に不安がありました。

 

 

このマイナス思考を変えることができたのは東進の宮崎先生の言葉です。宮崎先生は「受験をしに行って会場にいるみんなに勝とうと考える必要はない。ただ問題と向き合うだけだ」とおっしゃっていました。本当に素敵な考え方だと思います。試験会場に行くとそこにはたくさんの人がいてこんな大勢の人と自分はたたかわなければいけないのかと感じてしまう人もいると思います。そうではなく自分が本当に向き合うべきなのは試験の問題なのです。そう考えるとたとえ周りの環境が変わったとしても相手はいつもと変わりませんし、自分のするべきことも変わらないので、やるべきことがおのずと見えてきます。

 

試験問題と真剣に向き合って自分の全力を出し切ってください。

応援しています。