夏の模試に向けてアドバイス | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2019年 7月 12日 夏の模試に向けてアドバイス

こんにちは!担任助手2年の海谷です。

 

今回はこれから夏にかけて模試が増えてくるので、模試の捉え方について話していこうと思います。

 

最初に、模試の受け方について話していきたいと思います。

特に東大模試や旧帝大模試などはそうですが、模試の会場には第一志望校を同じとする人たちが多くいます。本番の雰囲気を味わえる良い機会なので、どうせ模試だからと考えて模試の途中で解き終わったから見直しもせずに寝たりするなどのことをするのはもったいないです。緊張感を持って受けることが大事だと思います。

 

次に、模試を受けた後のことについて話していこうと思います。

模試を受けた後はなるべくすぐに復習をするべきだと思います。模試の結果が出てから復習すれば良いやと考える人もいますが、結果が返ってからだと問問題や試験のときに自分がどう考えてどういう答えを出したのかを忘れてしまうので、復習は早めにやった方がいいと思います。

 

最後に、模試の結果の捉え方について話していこうと思います。

まず、模試は自分の学力を測るために大切なものですが、模試の判定や結果に一喜一憂し過ぎてしまうこともあると思います。自分自身、模試の結果を気にし過ぎてしまい、勉強に身が入らないこともありました。模試の判定はある程度は大切ですが、それよりも大切なのは自分の弱点や強みを模試を通して明らかにすることだと思います。

 

模試はあくまでも模試であり本番ではないので、たとえA判定を模試でとったとしても、志望校に必ず合格するという保証ではないので、本番で落ちてしまうこともあると思います。模試の結果を見て、自分に何が現時点で合格基準に足りていないのか、何をすれば本番までにできるようになるのかを考えて、本番までの勉強プランを修正していくことが模試において一番大切なことだと思います。

 

このブログがお役に立てれば幸いです。