大学で活かされること | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2020年 8月 4日 大学で活かされること

こんにちは!

東京大学経済学部3年の海谷です。

夏になりどんどん暑くなってきましたね。

 

今回は受験勉強が大学でどのように役立つかについて話していきたいと思います。

 

まず、経済学部ではミクロ経済学やマクロ経済学などを学んでいます。そこでは受験勉強で培った英語と数学がとても役に立ってきます。授業のスライドが英語で書かれることもあり、経済学に関する論文も多くが英語で書いてあります。そのため、受験勉強で培った英語力が非常に大事になってきます。また、経済学では微分や積分を使うことがとても多いです。受験勉強でしっかりと理論まで理解しておくと、経済学を理解しやすくなります。

 

さらに、受験勉強で培った思考法や考えも大学ではとても大切になってきます。私は受験勉強を通して、自分は何が苦手なのか、それを克服するためには何をしたらいいのかと客観的に分析することができるようになりました。大学のゼミでこの考え方がとても役に立っています。ゼミではディスカッションがあるのですが、自分とは違う意見があったときに客観的に分析するという考えを持っていると、相手の考えを単に否定するだけではなく、相手の意見からこういう考えがあるのだと新たに学ぶことができるようになります。

 

このように受験勉強で培った知識や考えは大学以降色々なところで役に立ってきます。自分の将来やりたいことを実現するためにも受験勉強をしっかりとやっていきましょう!この一年間で学んだことは一生みなさんの支えになってくれます。この一年間を余計なものだとネガティブに考えるのではなく、自分を成長させてくれる大切な一年間というようにポジティブに考えて一日一日を大切に過ごしていきましょう!

 

このブログが少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。