心に残る激励~小野寺~ | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2019年 1月 27日 心に残る激励~小野寺~

こんにちは!担任助手2年の小野寺です。

本日は私自身の「心に残った激励」を皆さんに紹介したいと思います。受験が近づいて、不安な気持ちになることは誰でもあるでしょう。そんな時期に何気ない一言で救われた、心の支えになった、ということはあると思います。私にとってそれは、当時のグループ面談を担当していた担任助手の先生の一言です。

 

励みになったのはセンター前の個人面談の時でした。センターが近づいてきて焦るなかでの個人面談です。

 

 

不安な気持ちを面談の時に伝えたら、「不安な気持ちがあるなら、その不安に自信を持て」と返ってきました。

曰く、たくさん勉強して詰めれば詰めるほど、抜け落ちがないか気になる。細かいところにも目が行き届くようになる。だからこそ不安な気持ちになるのだ、と。

 

今までの勉強の積み重ねがあるからこそ、人一倍不安になったり心配になるのです。でも、それはそれだけやってきたという証拠でもあります。普段通りに問題を解け、ここまでの積み重ねは裏切らないと言われました。

 

私は面談の時に言われたこの激励に、とても救われました。これ以降、不安に思っていることをむしろプラスに捉えられるようになりました。センター試験や二次試験本番でも別段緊張することなく問題を解けたのは、この言葉が根底にあったからだと思っています。

 

 

実はこれは私が書いた1/5のブログの内容とも同じです。メンタルを維持する上でも非常に印象に残った一言でした。この言葉が一人でも受験生の支えになってくれたら嬉しいです。

 

 

読んでいただきありがとうございました。次回もお楽しみに。