意志の弱い人ほど工夫が必要 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2019年 8月 11日 意志の弱い人ほど工夫が必要

こんにちは!担任助手1年の水口絢です。

みなさんは最近家と塾の往復の日々で日光を浴びる事が少ないと思いますが、健康の為にもリフレッシュの為にも少しは日にあたる事をオススメします!今回は東進の登校時間(8時半〜19時)以外での私の勉強について書きたいと思います。

まず、朝は8時半に毎日登校していました。ですが、通学に1時間弱かかっていたので、そこでは必ず勉強するようにしていました。私は意思が弱かったので、現役の時は電車では携帯を見てしまいがちでした。それを改善しようと思い、浪人生の時は家を出る前に勉強道具を手に持ち、携帯はポケットではなく鞄の中に入れていました。電車に乗った時に携帯を1番いじりづらく、勉強を1番しやすくしていました。また、勉強の内容も単語帳などただ眺めるような飽きてしまいがちなものではなく、数学の問題を実際にペンを動かして書いてたりしました。(周りの人にびっくりされることは結構ありました笑、あとおばあちゃんにいきなり応援されることも笑)満員電車すぎてそれが出来ない時は、英語の長文の問題集(選択肢)をやってました。

次に、夜は、家では勉強を全くせず、東進に残っていました。ですが、帰る時間を毎日決めていたのではなく、その日その日やる事を決め、それを終えたら帰っていました。なので19時に帰る時もあれば、閉館まで残っていた事もありました。時間で区切ると、例えば20時まで勉強することが目標になってしまい、学習自体に集中出来ないと思ったからです。ここで気を付けていた事があって、ここでもう終わりにしようと思ってから、一つだけ勉強をして帰るようにしてました。(5.10分くらいでできること、その日に見た映像の復習を軽くとか)

私の時間の使い方はこんな感じです。ここで紹介する事で、皆さんの助けに少しでもなれば嬉しいです。私も浪人時代毎日これが出来ていた訳ではありません、1ヶ月に一度とか休息の日を決めてました。まだまだ先は長いので、自分が継続しやすい方法で頑張って下さい、応援しています!