意識していた2つのこと | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2021年 4月 22日 意識していた2つのこと

はじめまして。担任助手4年の下崎です。

4年になり、法律の勉強も一通り終え、最近はゼミの授業が楽しいです。これから1年間、一緒に頑張っていきましょう!

今回は私が本科生時代に意識していたことについて書いていきたいと思います。

まず一つ目は、現役時代に落ちた原因です

私の落ちた原因は、量ばかりに固執してしまって、勉強の質を考えていなかったことでした。そこで、浪人時代は復習に力を入れました。確認テストはもちろん、修了判定テストでも1回でSS判定を取れるようにこだわりました。

現役の時も東進生だった方で、「同じ講座を取るなんて意味がない」と思う方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。しかし、たとえ同じ講座でも、現役の時とは違った視点で受講することができ、新たに学ぶこともたくさんあります

本科生時代にもう一度受講しなおすことで、ある日、現役時代に学んだ知識の点と点が線でつながったように感じました。

毎日受講と復習をコツコツと行っていくことで、現役時代と比べて「できる」と感じることが多くなってくると思います。浪人生活に慣れるまでは大変ですが、根気強く頑張っていきましょう。

そして、二つ目は、周りの人たちに感謝をすることです。

浪人生活の中で、同級生が大学で楽しそうなのを見て、勉強に対するモチベーションが下がってしまうことが1度はあると思います。

そんな時は、浪人させてくれた両親、応援してくれている学校の先生、友人の存在を是非思い出してください。きっと、期待に応えたいという気持ちでまた頑張れると思います。

 

1年後に後悔をしないために、1日1日を大事にしていきましょう!

 

少しでもこの記事が参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。