基礎固めをなぜするのか、どうやるのか | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2020年 7月 4日 基礎固めをなぜするのか、どうやるのか

こんにちは!早稲田大学国際教養学部2年の三瓶啓吾です。現在は英語で社会言語学や経済など様々な分野について勉強しています。国際教養学部は大学で学ぶ分野が決まっておらず、自分で学びたい分野を選択するので自分の興味がある分野を勉強することが出来ます。また、今年行く予定だったドイツへの留学が新型コロナウイルスの影響で中止となってしまったため、次回の留学の選考に向けてTOEFLの勉強もしています。

 

夏までに向けて皆さんがしていくべきことは基礎を徹底的に固めるということです。夏からは過去問演習が始まります。その過去問演習に向けて基礎を固めなければなりません。皆さんが目標としている第1志望校の問題は決して簡単ではありません。しかし、夏までに基礎を固めることが出来れば、解ける問題も増えていくはずです。難関大学であっても基礎的な問題の数は多いです。そこをしっかり取りきることが出来れば合格の可能性は高まると思います。基礎を固めるためには予習をして受講を進めていき、繰り返し復習をすることが大切です。その日の復習だけでなく過去に受けた受講のものや苦手な科目、範囲などこれらも疎かにしないように注意しましょう!

 

今年は色々と大変だと思いますが、皆さんの第一志望校合格に向けて精一杯サポートしていきますので一緒に頑張りましょう!