基礎固めは全教科! | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2020年 7月 7日 基礎固めは全教科!

 

皆さんこんにちは!

 

東京慈恵会医科大学医学部医学科1年の石塚麻鈴です。

 

現在、新型コロナウイルスの影響で、入学式も含めてまだ一度も大学へ行けていないため、大学生になったという実感があまり沸いていませんが、今は大学のオンライン授業で教養を幅広く学んでいます。課題が多くて大変ですが、意識の高い仲間と目的をもって学んでいるため、すごくやりがいを感じています。

 

 

さて、今回は「夏までの勉強の仕方」についてお話したいと思います。

 

 

浪人生の夏までの勉強で最も大切なのは、全教科の基礎固めです!

 

みなさんは去年の冬に何を勉強していましたか?きっと、志望校の過去問を何年分も解いたりして、必死に対策をしていたはずです。それでも合格できなった理由は、過去問対策不足だったからなのではなく、基礎が固まっていなかったために演習の効率が悪くなってしまったからだと思います。

 

いち早く過去問や演習に取り組みたい気持ちはすごくわかります。ただ、その演習を効率良くするためには、各科目の基礎的なことを完璧に近づける必要があります。たとえば、理科などの科目は暗記の徹底で基礎はほとんど固まります。そうすれば、どんな模試でも安定して偏差値60以上を取り続けることができます。

 

口でただ「基礎を固める」と言うことは簡単ですが、実際にはすごく難しいことです。何しろ、一度習ったことを繰り返して身に付けていくわけですから、勉強が単調になりがちです。ですが、基礎こそが勉強においてもっとも重要なのです!このことを頭の片隅に置いて、勉強の安定した基盤を築いていってほしいです!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!