浪人して良かったこと | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2020年 8月 10日 浪人して良かったこと

皆さんこんにちは!担任助手1年の手島です。

今回は僕が浪人して良かったと感じていることを書いていこうと思います。

 

まず1つ目は成功体験を手にできたということです。

志望校に合格するまで、本当に自分に自信が持てなくて、超がつくほどのネガティヴな人でした。でも、第一志望合格という事実のおかげで、少しはポジティヴになれたのでは…?と感じています。確かに浪人期間は精神的にとても厳しい時期ですが、この先の人生で、浪人期間より辛い時期はたくさんあると思います。そんな時に「あのときもやれたんだから、頑張ればきっとうまく行く」そう思えるような成功体験を手に入れられたのはとても大きいと思います。

 

2つ目は「迷った時は辛い道を選ぶべきだ」と思うようになったことです。

高3の時、受験期間が始まる前から、志望校に受からなかったら浪人すると決めていました。ですが、同じように受験して落ちた高校の友達が、みんな受かったところに行くという選択をしたので、本当に浪人するべきだろうかと迷いました。浪人が辛い道であることはわかりきっていたので、自分で決めていた道から逃げるか悩みました。

最終的に浪人を決意したから今があります。一年越しの第一志望合格は、浪人の辛さを遥かに超えるうれしさがあります。だから、「あのとき辛い道を選んで良かった」と胸を張って言えます。

 

もう気付いた人もいるかもしれません。

この2つは、第一志望に(少なくとも現役時より志望順位が高いところに)合格しないと感じられないものです。受験が終わった時に「頑張ったこと」が評価されるのは現役生だけ。浪人生は志望校に合格するためだけに浪人しているはずです。それ自体が目的ではなく、合格するための努力を積んでいきましょう!